<B2仙台>8日からアウェー越谷戦 好調の沢辺、練習で切れある動き

練習でドライブからシュートを放つ沢辺選手

 バスケットボール男子、B2仙台は8、9日、埼玉県越谷市の市総合体育館で、中地区5位の越谷と対戦する。7日は仙台市青葉区の仙台大明仙バスケ・ラボで攻守の連係を確認した。6試合連続で2桁得点している沢辺が、練習でも切れのある動きで好調さをアピールした。
 越谷は、今年に入ってから9戦6勝と調子を上げている。ガードのヒンクルを中心とした攻撃が機能するようになり、点の取り合いに強い。司令塔鳴海の3点シュートにも注意が必要だ。桶谷監督は「ヒンクルはファウルを誘うプレーも得意なので、賢く守り続けたい」と話した。


2020年02月08日土曜日


先頭に戻る