<B2仙台>東京Zに76−66で9連勝

東京Z−仙台 第1クオーター7分、仙台・片岡(91)がシュートを決め、15−16とする

 バスケットボールBリーグ第2部は16日、東京都大田区総合体育館などで試合があり、東地区首位の仙台は中地区の東京Zに76−66で勝ち、9連勝とした。通算成績は33勝10敗。
 青森は西地区の奈良に76−68で勝ち、20勝23敗となった。福島は西地区の香川を71−66で下し、13勝30敗。山形は西地区の広島に65−82で敗れ、7勝36敗。東北勢の順位に変動はない。

◎守備安定し快勝

仙台(33勝10敗) 76/17―20/66 東京Z(9勝34敗)
           19―7
           23―24
           17―15
▽観衆 1762人(東京)

 仙台は安定した守備を見せて快勝し、連勝を今季最多タイの9に伸ばした。東京Zエースの増子を白戸と片岡が徹底的に抑え込んだ。攻撃は序盤から高さを生かして得点を重ね、後半は片岡や金城茂が外からのシュートを高い確率で決めて突き放した。


2020年02月17日月曜日


先頭に戻る