<楽天>清宮、シャトルラン球団記録更新「自信があった。正直うれしい」

 シャトルランで清宮、佐藤の高校生2人が球団記録を更新する快走を見せた。
 120本目から一騎打ちの展開で、互いに「絶対に勝ってやる」と思っていたという。150本を目標にしていた佐藤は138本目で「膝がストンと落ちたような感じになった」と無念の脱落。清宮は143本まで伸ばし「記録を更新しようと思っていた。自信があった。正直うれしい」と喜んだ。
 「最後は自分の気持ちの弱さが出た。本当に悔しい」と佐藤。清宮は「名前を知ってもらえるチャンスだった。アピールできた」と満足そうだった。


2019年01月11日金曜日


先頭に戻る