<楽天>福井、先発へ高評価 練習試合で1回無失点、日ハム斎藤の姿が刺激に

日本ハムとの練習試合に登板した福井

 広島から移籍した福井が評価を高めている。20日の日本ハムとの練習試合(沖縄県金武町ベースボールスタジアム)で実戦初登板し、1回無失点の好投。若手投手陣が思うような結果を残せずにいる中、平石監督は「投げている姿が良かった。先発候補の一人」と褒めた。
 「しっかり打者に向かっていく投球を心掛けた。結果として0点に抑えられてよかった」。福井は八回に登板。先頭の石井を二ゴロ、浅間を一ゴロに打ち取った。横尾には左前打を許したものの、31歳のベテランは落ち着いていた。続く清宮を力のある直球で中飛に。走者を背負った時のクイック投法を課題としていたが、しっかり抑えた。
 伊藤投手チーフコーチは「(クイックでは)タイミングの取り方を少し修正すればいい。十分経験のある選手なので心配はいらない」と信頼を寄せる。
 この試合、日本ハムの先発は早大で同級生だった斎藤。3回無安打無失点と力投したかつてのチームメートの姿に「すごく良かった。やる気になった」と刺激になった。
 大石(西武)とともに「早大三羽がらす」と呼ばれたが、3人はプロ入りから苦しい時期が続いている。「傷をなめ合ったり、慰め合ったりするつもりはない。互いにいい結果を出していきたい」と力を込める。
 25日は古巣の広島戦に登板する予定だが「意識はしない。必要なのは結果」。先発ローテーション入りに向け闘志を燃やしている。(伊藤卓哉)


2019年02月23日土曜日


先頭に戻る