<楽天>オリックスに8−5 今季最多20安打 

 東北楽天は今季最多の20安打で打ち勝った。0−1の二回、ウィーラーの左中間ソロ、辰己のセーフティースクイズ(記録は内野安打)などで計3点を挙げた。三回は島内が左中間ソロを放った。4−4の七回は嶋の適時打で勝ち越し。八回は島内の適時打など4短長打で3点を加えた。
 先発福井は4回4失点で降板。2番手西宮が2回無失点で2季ぶりの勝利を挙げた。オリックスは投手陣が乱れた。

オリックス−東北楽天9回戦(オリックス5勝3敗1分け、15時01分、ほっともっとフィールド神戸、17,169人)    
東北楽天 031000130=8
オリックス100300010=5              
▽勝 西宮6試合1勝     
▽S 松井20試合1勝1敗9S
▽敗 エップラー3試合1敗  
▽本塁打 ウィーラー7号(1)(アルバース)島内3号(1)(アルバース)吉田正8号(2)(福井)   

☆イヌワシろっかーるーむ

<福井優也投手(先発し4回4失点で降板)>
 「調子は悪くなかった。四回に(吉田正の)本塁打を打たれた後に追加点を取られたのが良くなかった。試合をつくれず申し訳ない」


2019年05月13日月曜日


先頭に戻る