<楽天>日ハムに12点差大敗 貯金、再びゼロに

 東北楽天は投打に圧倒され、今季最大の12点差をつけられて大敗。貯金は再びゼロに戻った。
 先発釜田は五回、清水の犠飛、中島の適時打で2点を先取された。七回は西宮が西川、近藤の適時打で追加点を許し、八回には戸村が6長短打を浴びて9失点と大きく乱れた。打線は七回にウィーラーが放ったソロの1得点にとどまった。
 日本ハムは先発有原が8回1失点と好投し、リーグ単独トップの5勝目。

 東北楽天−日本ハム7回戦(東北楽天4勝3敗、13時00分、楽天生命パーク宮城、26,950人)
日本ハム000020290=13
東北楽天000000100=1
▽勝 有原7試合5勝1敗
▽敗 釜田3試合1勝1敗
▽本塁打 ウィーラー8号(1)(有原)石井1号(2)(戸村)

☆イヌワシろっかーるーむ

<茂木栄五郎内野手(2安打と打撃は好調ながら、0−2の七回、三塁ファウルゾーンに上がったフライを捕球できず)>
 「(捕手ではなく)自分で捕る場面だった。積極的に声を出して、捕る、捕らないを判断したい。(その後2失点した2番手西宮に)申し訳ない気持ちです」

☆熱血平石語録

<申し訳ない>
 「ファンに申し訳ない試合をしてしまった。(藤田)一也のためにも本当はいい試合にしたかった」(藤田の1000安打達成の試合で大敗に)


2019年05月15日水曜日


先頭に戻る