<楽天>8点差大逆転 藤田の好走塁でサヨナラ

11回東北楽天1死一、三塁、ウィーラーの右飛で三走藤田がサヨナラの生還を果たす。捕手清水(伊深剛撮影)

 東北楽天が8点差を追い付き、延長戦に持ち込んでサヨナラ勝ち。延長十一回、1死一、三塁からウィーラーが右犠飛で試合を決めた。三走藤田が捕手のタッチをかわす絶妙のスライディングで生還した。
 0−8の四回、ブラッシュが満塁本塁打。八回はブラッシュの2ランと嶋のソロで1点差に迫ると、九回、浅村が右越えに同点ソロを放った。先発古川は4回8失点。6番手宋家豪が今季初勝利を挙げた。日本ハムは序盤のリードを守れなかった。

 東北楽天−日本ハム8回戦(東北楽天5勝3敗、13時00分、楽天生命パーク宮城、26,724人)
日本ハム20150000000 =8
東北楽天00040003101×=9
(延長11回)
▽勝 宋家豪19試合1勝1敗
▽敗 玉井17試合1敗
▽本塁打 大田7号(2)(古川)大田8号(1)(古川)ブラッシュ11号(4)(金子)ブラッシュ12号(2)(石川直)嶋3号(1)(石川直)浅村9号(1)(秋吉)       

☆熱血平石語録

<代走考えたけれど>
 「代走も考えたが、ベンチに残った選手、今後の試合のことも考慮した。故意にかわしたんだと思う。素晴らしいスライディングだった」(延長十一回、ウィーラーの右飛で生還した三走藤田の好走塁をたたえ)


2019年05月16日木曜日


先頭に戻る