<楽天>後半戦、白星発進 緊急先発の菅原が今季初勝利

8回東北楽天1死一、二塁、島内が右中間に2点三塁打を放つ

 プロ野球東北楽天は15日、大阪市の京セラドーム大阪でオリックスとの16回戦を行い、6−2で勝って後半戦を白星発進した。
 0−2の三回、2死一、二塁からウィーラー、堀内の連続適時打で同点とすると、2−2の四回に1死三塁から島内の中前適時打で勝ち越した。八回には島内の2点三塁打、ブラッシュの中犠飛で3点を加えリードを広げた。
 腰の張りが出た塩見に代わって急きょ先発した菅原は二回に2点を先取されたものの、5回2失点と粘り今季初勝利を挙げた。六回からは4投手の継投で得点を与えなかった。
 平石監督は「塩見に先陣を切ってもらおうと思ったが、アクシデントに見舞われた。菅原や野手全員の頑張りで勝てたのは大きい」と話した。

 <ウィーラー内野手(三回に反撃ののろしを上げる中前適時打)>
 「打ったのはチェンジアップ。チャンスだったから集中していた。先制された後だったから、まずは1点を返せて良かった」

オリックス−東北楽天16回戦(オリックス8勝7敗1分、15時1分、京セラドーム大阪、26,237人)
東北楽天 002100030=6
オリックス020000000=2

▽勝 菅原4試合1勝2敗
▽敗 田嶋5試合2勝1敗


2019年07月16日火曜日


先頭に戻る