<楽天>お米にエビ混ぜ込む イーグルスチップス/スタジアムグルメ

7月に販売が始まったイーグルスチップス

 球団オリジナルグルメの第5弾として7月、気軽に食べられるスナック「イーグルスチップス」(300円)が登場した。チップスといってもポテトではなく、宮城県産のお米を使った新感覚、新食感のエビ味「ご飯チップス」だ。
 エビ味を採用したのは老若男女に人気がある上、色がチームカラーのクリムゾンレッドに似ているから。細かい調理方法は企業秘密だが、炊いた米にエビを混ぜ込み、焼いたり、揚げたりするなどの工程を重ねる。完成までには10日間ほどかかる。
 手間を惜しまないのは、炊きたてのご飯の風味を残すため。他のスタジアムグルメと同様に、出来たての味を楽しんでほしいとの思いがあるという。
 出だしは好調で、既に人気に火が付いている。想定は1日300袋の売り上げだったが、発売初日に700袋、2日目には1200袋が売れた。球場内の各飲食店で販売し、場内の売り子からも購入できる。
 担当する球団の柴田麻美さんは「子どもにはお菓子感覚で食べてほしい。大人はビールのお供にお勧め。手に取りやすい価格なので気軽に味わってほしい」とPRする。球場内で食べるだけでなく、ちょっとした土産としても重宝しそうだ。
 購入して食べ始めると、手が止まらなくなってしまった。ペナントレースも後半戦に入り、正念場を迎える夏。チームもエビ味のチップスにあやかって、打ち始めたら止まらない打線で上昇カーブを描きたい。


2019年07月17日水曜日

  • 公式戦・キャンプ

  • 選手

  • 始球式

    勝利呼び込む華麗な1球

  • スタジアム百景

    球場の魅力を紹介


先頭に戻る