<楽天>CS初戦 ソフトバンクに4本塁打浴びせ先勝

東北楽天―ソフトバンク 1回東北楽天2死、浅村が先制ソロを放つ。捕手甲斐(写真部・川村公俊撮影)

 プロ野球日本シリーズ出場権を懸けたクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ(3試合制)の初戦が5日に行われた。パ・リーグ3位の東北楽天は福岡市のヤフオクドームで2位ソフトバンクに5−3で先勝し、CSファイナルステージ進出に王手をかけた。
 東北楽天打線は浅村栄斗内野手のソロ2本など4本塁打を浴びせ5得点した。先発則本昂大投手は6回3失点と試合をつくり、七回以降は3投手の継投で反撃を防いだ。
 東北楽天は6日、ヤフオクドームでソフトバンクとの第2戦に臨む。
 セ・リーグは阪神がDeNAに8−7で先勝した。
 ファーストステージの勝者は9日に始まるファイナルステージ(6試合制、リーグ優勝チームに1勝のアドバンテージ)で、パを制した西武、セ優勝の巨人とそれぞれ対戦する。


2019年10月06日日曜日

  • 公式戦・キャンプ

  • 選手

  • 始球式

    勝利呼び込む華麗な1球

  • スタジアム百景

    球場の魅力を紹介


先頭に戻る