<楽天>牧田「東北で日本一になりたい」 入団会見で意気込み

入団会見で笑顔を見せる牧田

 今季米大リーグ、パドレス傘下のマイナーでプレーした牧田和久投手(35)の、東北楽天への入団記者会見が11日、仙台市の楽天生命パーク宮城であった。「任された場所で自分の仕事を全うしたい。チャンピオンになったことがないので、東北で日本一になりたい」と意気込みを語った。契約は2年総額3億円。背番号は22に決まった。
 日米でのプレーに加え、先発や抑え、中継ぎといった幅広い役割を担うなど豊富な経験を持つ。牧田は「(今季が始まる前に)一度はお断りしたが、シーズンが終わっても、変わらない評価で誘ってもらったので決めた」と入団の理由を話した。
 会見に同席した石井ゼネラルマネジャー(GM)は「(打者の)左右に関係なくピンチを切り抜ける技術がある。安定感もあり、投手陣の中での役割が大きい」と語った。
(金額は推定)


2019年12月12日木曜日


先頭に戻る