<楽天>1分け挟み3連敗、首位陥落

8回オリックス1死二、三塁、ロドリゲスに2点二塁打を浴び、悔しがる東北楽天の則本昂(藤井かをり撮影)

 東北楽天は終盤に突き放され、1分けを挟んで3連敗し首位から陥落した。
 先発則本昂は1−3の八回1死二、三塁から、ロドリゲスに2点二塁打を許すなど、7回1/3を投げ6失点で2敗目を喫した。
 打線は計5安打と振るわず、七回のロメロの中越えソロなどで2点を返すにとどまった。
 オリックスは3連勝。先発榊原は7回1失点で今季初勝利を挙げた。

 東北楽天−オリックス7回戦(オリックス4勝2敗1分け、18時01分、楽天生命パーク宮城、3,898人)         
オリックス100010130−6
東北楽天 000000110−2
▽勝 榊原4試合1勝1敗   
▽敗 則本昂6試合3勝2敗  
▽本塁打 ロメロ7号(1)(榊原)


2020年07月25日土曜日


先頭に戻る