<楽天>投打かみ合わずソフトバンクに3−9 自力優勝消滅

5回、2死満塁のピンチを招いたマウンドの石橋(右から2人目)のもとに集まる東北楽天ナイン

 東北楽天は投打がかみ合わず完敗。自力でのリーグ優勝の可能性が消えた。
 先発石橋は5回6安打2失点で4敗目。一回、中村晃の右翼線適時二塁打と犠飛で2点を先取された。六回は青山、池田駿がつかまり3失点。八回にも4点を奪われ、突き放された。
 打線は六回まで3安打。5点を追う七回、ロメロが右中間2ランを放ったが反撃が遅かった。
 ソフトバンクは15安打で3連勝。貯金を17に伸ばした。先発ムーアは七回途中2失点で3勝目を挙げた。

ソフトバンク−東北楽天16回戦(ソフトバンク10勝6敗、18時00分、ペイペイドーム、4,988人)  

東北楽天  000000201−3
ソフトバンク20000304×−9  
▽勝 ムーア6試合3勝1敗  
▽敗 石橋8試合1勝4敗   
▽本塁打 ロメロ18号(2)(ムーア)柳田24号(2)(鈴木翔)


2020年09月19日土曜日


先頭に戻る