選手紹介

◇プロフィルの見方 ○は新入団、△は移籍、□は復帰。名前の前は背番号。(1)ことし迎える満年齢(生年月日)(2)出身地(3)身長(センチ)体重(キロ)(4)投打(5)球歴(Dはドラフト、高は高校生、大社は大学・社会人)(6)昨季1軍成績(7)通算成績((6)(7)とも出場試合、投手は勝敗、セーブ、防御率。野手は打率、本塁打、打点、盗塁)(8)年俸(単位万円、推定)(9)寸評

  • 1 松井裕樹(まつい・ゆうき)

    (1)25(95.10.30)
    (2)神奈川県
    (3)174、74
    (4)左左
    (5)神奈川・桐光学園高−東北楽天(14D1位)
    (6)68試合2勝8敗38S、1.94
    (7)321試合18勝33敗139S、2.62
    (8)25000
    (9)6年目で初の最多セーブ投手賞に輝いた。今季は念願だった先発に転向。ローテーションの一角を担う若きエースの誕生が期待される。

  • 11 岸孝之(きし・たかゆき)

    (1)36(84.12.4)
    (2)仙台市
    (3)180、77
    (4)右右
    (5)宮城・名取北高−東北学院大−西武(07D希望枠)−東北楽天(17〜)
    (6)15試合3勝5敗0S、3.56
    (7)290試合125勝84敗1S、3.02
    (8)30000
    (9)昨季はけがや体調不良で長く戦列を離れ、自己最少の3勝というふがいないシーズンとなった。収穫だったのは11月のプレミア12で、国際大会のマウンドを初めて経験したこと。複数年契約の最後の年でベテラン右腕が結果を残す。

  • 12 近藤弘樹(こんどう・ひろき)

    (1)25(95.6.27)
    (2)広島県
    (3)186、96
    (4)右右
    (5)広島・安佐北高−岡山商大−東北楽天(18D1位)
    (6)2試合0勝2敗0S、8.68
    (7)11試合0勝4敗0S、7.28
    (8)1100
    (9)今季は中継ぎでの起用が濃厚となっている。力強い直球と勝負球のフォークボールに磨きを掛け、3年目こそ悲願のプロ初勝利を飾りたい。

  • 13 森原康平(もりはら・こうへい)

    (1)29(91.12.26)
    (2)広島県
    (3)185、88
    (4)右左
    (5)広島・山陽高−近大工学部−新日鉄住金広畑−東北楽天(17D5位)
    (6)64試合4勝2敗0S、1.97
    (7)123試合7勝8敗0S、3.44
    (8)4500
    (9)昨季終盤は「勝利の方程式」の一員として活躍、自己最多の64試合に登板した。先発に転向する松井に代わり、新守護神となれるか。

  • 14 則本昂大(のりもと・たかひろ)

    (1)30(90.12.17)
    (2)滋賀県
    (3)178、82
    (4)右左
    (5)滋賀・八幡商高−三重中京大−東北楽天(13D2位)
    (6)12試合5勝5敗0S、2.78
    (7)177試合80勝63敗0S、3.05
    (8)30000
    (9)昨年3月に右肘のクリーニング手術のために戦線を離脱した。復帰までに約4カ月を要し、13年にプロ入りしてから続いていた2桁勝利もストップ。今季はキャリアハイとなる20勝を目標に掲げている。エースが完全復活すれば、優勝にぐっと近づく。

  • 15 ○シャギワ(ジェイ・ティー・シャギワ)

    (1)30(90.12.3)
    (2)米国
    (3)190、90
    (4)右右
    (5)ライス大−ツインズ−ドジャース−東北楽天(20)
    (6)−
    (7)−
    (8)8700
    (9)力強い直球が武器で、スライダーやシンカー、チェンジアップをたくみに操る右腕。先発に転向する松井の穴を埋める救援陣として期待される。

  • 16 △涌井秀章(わくい・ひであき)

    (1)34(86.6.21)
    (2)千葉県
    (3)185、85
    (4)右右
    (5)神奈川・横浜高−西武(05D1巡目)−ロッテ−東北楽天(20)
    (6)18試合3勝7敗0S、4.50
    (7)417試合133勝128敗37S、3.51
    (8)12500
    (9)これまで沢村賞と3度最多勝に輝いた実力派右腕。岸、則本昂とともに先発ローテーションの「3本柱」を築き上げる。

  • 17 塩見貴洋(しおみ・たかひろ)

    (1)32(88.9.6)
    (2)大阪府
    (3)182、77
    (4)左左
    (5)愛媛・帝京五高−八戸大−東北楽天(11D1位)
    (6)9試合3勝1敗0S、3.16
    (7)132試合42勝48敗0S、3.67
    (8)3000
    (9)腰を手術し、昨季は開幕に間に合わなかった。夏場にも腰の張りで約2カ月間戦線を離脱。10年目はシーズンを通してフル回転したい。

  • 19 藤平尚真(ふじひら・しょうま)

    (1)22(98.9.21)
    (2)千葉県
    (3)185、85
    (4)右右
    (5)神奈川・横浜高−東北楽天(17D1位)
    (6)3試合0勝1敗0S、10.38
    (7)25試合7勝12敗0S、4.12
    (8)1500
    (9)昨季はイースタン・リーグでは勝率1位投手に輝いたが、1軍では1勝も挙げられなかった。次世代のエース候補の飛躍が期待される。

  • 20 安楽智大(あんらく・ともひろ)

    (1)24(96.11.4)
    (2)愛媛県
    (3)186、87
    (4)右左
    (5)愛媛・済美高−東北楽天(15D1位)
    (6)9試合0勝2敗0S、4.73
    (7)37試合5勝14敗0S、4.01
    (8)1400
    (9)2年連続で未勝利。先発だけでなく、救援陣としての活路も見いだそうとしている。新球種のカットボールを有効に使い、勝てる投手になる。

  • 21 釜田佳直(かまた・よしなお)

    (1)27(93.10.26)
    (2)石川県
    (3)177、77
    (4)右右
    (5)石川・金沢高−東北楽天(12D2位)
    (6)5試合1勝1敗0S、5.40
    (7)81試合21勝16敗0S、4.71
    (8)1500
    (9)18年6月に右肩と右肘を手術し、苦しいリハビリ生活を強いられたが、昨季655日ぶりに勝利を挙げた。9年目は1軍に定着する覚悟だ。

  • 22 △牧田和久(まきた・かずひさ)

    (1)36(84.11.10)
    (2)静岡県
    (3)177、85
    (4)右右
    (5)静岡・静清工高−平成国際大−日本通運−西武(11D2位)−パドレス−東北楽天(20)
    (6)−
    (7)276試合53勝49敗25S、2.83
    (8)15000
    (9)日米でプレーし、豊富な経験を持つサブマリン。先発や抑え、中継ぎといった幅広い役割を担うことができる。

  • 23 弓削隼人(ゆげ・はやと)

    (1)26(94.4.6)
    (2)栃木県
    (3)193、105
    (4)左左
    (5)栃木・佐野日大高−日大−SUBARU−東北楽天(19D4位)
    (6)8試合3勝3敗0S、3.74
    (7)8試合3勝3敗0S、3.74
    (8)1350
    (9)昨季、ルーキーイヤーで完封勝利を収めるなど輝きを放った。期待の左腕は今季は10勝という大きな目標に挑む。

  • 28 △酒居知史(さかい・ともひと)

    (1)27(93.1.2)
    (2)大阪府
    (3)178、80
    (4)右右
    (5)京都・龍谷大平安高−大体大−大阪ガス−ロッテ(17D2位)−東北楽天(20)
    (6)54試合5勝4敗0S、4.37
    (7)88試合12勝11敗0S、4.42
    (8)3600
    (9)昨季中継ぎに転向し、20ホールドを記録した。救援陣の核になり得る新戦力。

  • 31 福井優也(ふくい・ゆうや)

    (1)32(88.2.8)
    (2)岡山県
    (3)178、85
    (4)右右
    (5)愛媛・済美高−早大−広島(11D1位)−東北楽天(19〜)
    (6)8試合3勝1敗0S、5.18
    (7)117試合32勝37敗0S、4.54
    (8)2300
    (9)昨季挙げた3勝は全て西武からで「レオキラー」として活躍した。打者に的を絞らせない投球で今季もチームのピンチを救う。

  • 32 ブセニッツ(アラン・ブセニッツ)

    (1)30(90.8.22)
    (2)米国
    (3)185、81
    (4)右右
    (5)ケネソー州立大−エンゼルス−ツインズ−東北楽天(19〜)
    (6)54試合4勝3敗0S、1.94
    (7)54試合4勝3敗0S、1.94
    (8)9000
    (9)昨季は来日してから覚えたカットボールを有効に使って、28ホールドを記録した。今季も救援でフル回転する。

  • 39 引地秀一郎(ひきじ・しゅういちろう)

    (1)20(00.6.3)
    (2)岡山県
    (3)188、84
    (4)右右
    (5)岡山・倉敷商高(19D3位)
    (6)−
    (7)−
    (8)600
    (9)昨季2軍で10試合に登板、防御率10.01と思うような投球ができなかった。塩見や釜田の無駄な力が入っていない投球フォームをお手本に日々レベルアップを図る。今季こそ憧れの1軍の舞台に上がる。

  • 41 青山浩二(あおやま・こうじ)

    (1)37(83.8.12)
    (2)北海道
    (3)180、80
    (4)右右
    (5)北海道・函館工高−八戸大−東北楽天(06大社D3巡目)
    (6)62試合2勝4敗0S、2.70
    (7)614試合40勝58敗45S、3.66
    (8)7000
    (9)昨季は自己最多の62試合登板を達成。投手陣最古参が大車輪の活躍を見せた。今季は防御率2点未満を目指す。

  • 43 宋家豪(ソン・チャーホウ)

    (1)28(92.9.6)
    (2)台湾
    (3)185、92
    (4)右左
    (5)台湾国立体育大−東北楽天(16〜)
    (6)48試合3勝2敗0S、2.18
    (7)93試合8勝5敗0S、2.06
    (8)4500
    (9)昨季はキャリアハイとなる48試合に登板、ブルペン陣をリードしてきた。今季外国人選手は6人。厳しい登録枠争いで勝ち残りたい。

  • 45 菅原秀(すがはら・しゅう)

    (1)26(94.4.5)
    (2)大阪府
    (3)183、78
    (4)右左
    (5)福井工大福井高−大体大−東北楽天(17D4位)
    (6)9試合1勝3敗0S、4.08
    (7)54試合2勝3敗0S、5.26
    (8)1300
    (9)昨季、3年目で先発初勝利をつかんだ。昨年9月に受けた右肘の手術を乗り越え、今年こそは目標としている5勝を達成したい。

  • 47 渡辺佑樹(わたなべ・ゆうき)

    (1)25(95.11.8)
    (2)山梨県
    (3)183、85
    (4)左左
    (5)山梨・富士学苑高−横浜商大−東北楽天(18D4位)
    (6)1試合0勝0敗0S、0.00
    (7)1試合0勝0敗0S、0.00
    (8)920
    (9)7月にプロ初登板を果たした。今季の春季キャンプでは1軍に帯同。武器のスライダーに磨きを掛けて、1軍定着を目指す。

  • 49 ○福森耀真(ふくもり・ようま)

    (1)23(97.9.27)
    (2)千葉県
    (3)178、87
    (4)右右
    (5)福岡・北九州高−九産大−東北楽天(20D5位)
    (6)−
    (7)−
    (8)700
    (9)最速154キロの直球を武器にする即戦力右腕。スライダーやカーブ、カットボールなど変化球も豊富だ。新人合同自主トレは体調不良で出遅れたが、シーズン開幕までに巻き返しを図る。

  • 52 ○津留崎大成(つるさき・たいせい)

    (1)23(97.10.10)
    (2)千葉県
    (3)177、86
    (4)右右
    (5)神奈川・慶応高−慶大−東北楽天(20D3位)
    (6)−
    (7)−
    (8)1000
    (9)カットボールやカーブ、フォークボールなど変化球を変幻自在に操る本格派右腕。昨年末には専門家に動作解析など依頼し、投球フォームも微修正。開幕1軍を見据える。

  • 53 高梨雄平(たかなし・ゆうへい)

    (1)28(92.7.13)
    (2)埼玉県
    (3)175、81
    (4)左左
    (5)埼玉・川越東高−早大−JX−ENEOS−東北楽天(17D9位)
    (6)48試合2勝1敗0S、2.30
    (7)164試合4勝5敗1S、1.90
    (8)4800
    (9)昨季は急性虫垂炎の手術を受け、約1カ月間戦列を離れる悔しさを味わった。4年目は最多の20ホールドを狙う。

  • 56 鈴木翔天(すずき・そら)

    (1)24(96.8.19)
    (2)神奈川県
    (3)185、82
    (4)左左
    (5)神奈川・向上高−富士大−東北楽天(19D8位)
    (6)−
    (7)−
    (8)700
    (9)1年目は腰のケガなどでリハビリ生活が長く、2軍でもわずか2試合しか登板できなかった。マウンドに上がる回数を増やして試合勘を取り戻し、1軍昇格を目指したい。

  • 57 ○滝中瞭太(たきなか・りょうた)

    (1)26(94.12.20)
    (2)滋賀県
    (3)180、93
    (4)右右
    (5)滋賀・高島高−龍谷大−ホンダ鈴鹿−東北楽天(20D6位)
    (6)−
    (7)−
    (8)900
    (9)カットボールを軸に変化球で打者を打ち取る右腕。新人最年長で強心臓ぶりからマウンドさばきも冷静だ。1軍で救援陣の一角を担うべく、投球術に磨きを掛ける。

  • 58 辛島航(からしま・わたる)

    (1)30(90.10.18)
    (2)福岡県
    (3)173、72
    (4)左左
    (5)福岡・飯塚高−東北楽天(09D6位)
    (6)27試合9勝6敗0S、4.14
    (7)162試合48勝60敗1S、3.95
    (8)6200
    (9)昨シーズン中盤からはショートスターター、左打者のワンポイントも経験。自己最多の27試合に登板し、9勝を挙げた。今季もフル回転を誓う。

  • 59 熊原健人(くまばら・けんと)

    (1)27(93.10.19)
    (2)角田市
    (3)178、85
    (4)右左
    (5)宮城・柴田高−仙台大−DeNA(16D2位)−東北楽天(19〜)
    (6)1試合0勝0敗0S、5.40
    (7)23試合4勝2敗0S、5.16
    (8)900
    (9)移籍1年目は1軍での登板が1試合に終わった。11月に右手血行障害の血管剥離手術を受けた右腕は復活を期す。

  • 60 石橋良太(いしばし・りょうた)

    (1)29(91.6.6)
    (2)大阪府
    (3)175、77
    (4)右左
    (5)高知・明徳義塾高−拓大−ホンダ−東北楽天(16D5位)
    (6)28試合8勝7敗0S、3.82
    (7)34試合8勝7敗0S、4.21
    (8)2600
    (9)昨季は先発ローテーション入りし、プロ初勝利を挙げ、8勝7敗と好成績を残した。今季も先発6人の枠に滑り込みたい。

  • 61 佐藤智輝(さとう・ともき)

    (1)20(00.6.5)
    (2)寒河江市
    (3)183、80
    (4)左左
    (5)山形中央高−東北楽天(19D5位)
    (6)−
    (7)−
    (8)600
    (9)昨年4月に左薬指の靱帯(じんたい)損傷の手術を受けた。出遅れを巻き返そうと懸命にリハビリし、イースタン・リーグで2試合に登板。今季はマウンドで経験を多く積み、1軍初登板を狙う。

  • 62 西口直人(にしぐち・なおと)

    (1)24(96.11.14)
    (2)大阪府
    (3)183、83
    (4)右右
    (5)大阪・山本高−甲賀健康医療専門学校−東北楽天(17D10位)
    (6)−
    (7)1試合0勝0敗0S、2.35
    (8)630
    (9)2018年にプロ初登板で鮮烈なデビューを飾ったが、19年はけがの影響で1軍登板はなし。3年目は自慢のチェンジアップを武器に1軍へのし上がれるか。

  • 63 由規(佐藤由規、さとう・よしのり)

    (1)31(89.12.5)
    (2)仙台市
    (3)179、80
    (4)右左
    (5)仙台育英高−ヤクルト(08高D1巡目)−東北楽天(19〜)
    (6)1試合0勝0敗0S、0.00
    (7)91試合32勝36敗0S、3.66
    (8)450
    (9)昨季の7月に支配下登録され、9月に1軍初登板した。春季キャンプでは下半身主導のフォームに改造。今年こそ完全復活を狙う。

  • 68 寺岡寛治(てらおか・かんじ)

    (1)28(92.12.3)
    (2)福岡県
    (3)180、89
    (4)右右
    (5)福岡・東海大五高−九州共立大−九州三菱自動車−BCリーグ石川−東北楽天(18D7位)
    (6)1試合0勝0敗0S、9.00
    (7)1試合0勝0敗0S、9.00
    (8)520
    (9)2軍でチーム最多51試合に登板。8月にプロ初登板を果たした。1軍定着に向け、制球力を高める。

  • 91 久保裕也(くぼ・ゆうや)

    (1)40(80.5.23)
    (2)福岡県
    (3)177、78
    (4)右右
    (5)福岡・沖学園高−東海大−巨人(03D自由枠)−DeNA−東北楽天(17〜)
    (6)22試合2勝1敗0S、2.82
    (7)501試合53勝37敗37S、3.42
    (8)1800
    (9)昨年9月に500試合登板を達成。投手最年長の右腕は、今季も投げられる喜びをかみしめてマウンドに立つ。

  • 016 森雄大(もり・ゆうだい)(育成選手)

    (1)26(94.8.19)
    (2)福岡県
    (3)184、74
    (4)左左
    (5)東福岡高−東北楽天(13D1位)
    (6)−
    (7)28試合3勝6敗0S、4.58
    (8)780

  • 017 王彦程(ワン・イェンチェン)(育成選手)

    (1)19(01.2.14)
    (2)台湾
    (3)180、82
    (4)左左
    (5)台湾・穀保家商高−東北楽天(19〜)
    (6)−
    (7)−
    (8)230

  • 130 池田隆英(いけだ・たかひで)(育成選手)

    (1)26(94.10.1)
    (2)佐賀県
    (3)181、85
    (4)右右
    (5)東京・創価高−創価大(17D2位)
    (6)−
    (7)15試合1勝5敗0S、5.91
    (8)650

  • 131 木村敏靖(きむら・としやす)(育成選手)

    (1)25(95.9.14)
    (2)奈良県
    (3)176、78
    (4)右左
    (5)奈良・御所実高−履正社医療スポーツ専門学校−東北楽天(17育成D4位)
    (6)−
    (7)−
    (8)270

  • 135 清宮虎多朗(せいみや・こたろう)(育成選手)

    (1)20(00.5.26)
    (2)千葉県
    (3)190、84
    (4)右左
    (5)千葉・八千代松陰高−東北楽天(19育成D1位)
    (6)−
    (7)−
    (8)250

  • 136 則本佳樹(のりもと・よしき)(育成選手)

    (1)26(94.5.14)
    (2)滋賀県
    (3)174、79
    (4)右左
    (5)滋賀・北大津高−近大−山岸ロジスターズ−東北楽天(19育成D2位)
    (6)−
    (7)−
    (8)250

  • 138 ○小峯新陸(こみね・しんり)(育成選手)

    (1)19(01.12.1)
    (2)鹿児島県
    (3)189、90
    (4)右左
    (5)鹿児島城西高−東北楽天(20育成D2位)
    (6)−
    (7)−
    (8)230

  • 164 福山博之(ふくやま・ひろゆき)(育成選手)

    (1)31(89.3.27)
    (2)島根県
    (3)172、70
    (4)右右
    (5)島根・大東高−大商大−横浜・DeNA(11D6位)−東北楽天(13〜)
    (6)7試合0勝0敗0S、5.19
    (7)335試合17勝13敗9S、3.06
    (8)1500


先頭に戻る