選手紹介

◇プロフィルの見方 ○は新入団、△は移籍、□は復帰。名前の前は背番号、後は血液型。(1)ことし迎える満年齢(生年月日)(2)出身地(3)身長(センチ)体重(キロ)(4)投打(5)球歴(Dはドラフト、高は高校生、大社は大学・社会人)(6)昨季1軍成績(7)通算成績((6)(7)とも出場試合、投手は勝敗、セーブ、防御率。野手は打率、本塁打、打点、盗塁)(8)年俸(単位万円、推定)(9)寸評

  • 1 松井裕樹(まつい・ゆうき)A

    (1)23(95.10.30)
    (2)神奈川県
    (3)174、74
    (4)左左
    (5)神奈川・桐光学園高−東北楽天(14D1位)
    (6)52試合3勝3敗33S、1.20
    (7)200試合11勝17敗96S、2.55
    (8)14000
    (9)球団史上初めて3年連続30セーブ以上を記録した頼れる守護神。40セーブ到達を目標とするが、ファンは優勝を決める試合での登板も期待している。

  • 11 岸孝之(きし・たかゆき)A

    (1)34(84.12.4)
    (2)仙台市
    (3)180、77
    (4)右右
    (5)宮城・名取北高−東北学院大−西武(07D希望枠)−東北楽天(17〜)
    (6)26試合8勝10敗0S、2.76
    (7)252試合111勝75敗1S、3.02
    (8)30000
    (9)昨季は年間を通して安定感のある投球を続けたが、白星に恵まれなかった。今季は則本と2人で「30勝以上を」との期待がかかる。

  • 12 ○近藤弘樹(こんどう・ひろき)B

    (1)23(95.6.27)
    (2)広島県
    (3)186、96
    (4)右右
    (5)広島・安佐北高−岡山商大−東北楽天(18D1位)
    (6)−
    (7)−
    (8)1500
    (9)田中(ヤンキース)を想起させる体格と力のある直球を誇る期待のドラフト1位。まだ粗削りな部分もあるが、プロ入りへ導いてくれた故星野元監督に恩返しするためにも、チームの戦力となりたい。

  • 14 則本昂大(のりもと・たかひろ)A

    (1)28(90.12.17)
    (2)滋賀県
    (3)178、82
    (4)右左
    (5)滋賀・八幡商高−三重中京大−東北楽天(13D2位)
    (6)25試合15勝7敗0S、2.57
    (7)138試合65勝47敗0S、2.94
    (8)25000
    (9)2桁勝利を5季続けるチームの大黒柱。昨季クライマックスシリーズ(CS)で精彩を欠いた悔しさを胸に、チームを頂点へと導く決意だ。

  • 15 美馬学(みま・まなぶ)O

    (1)32(86.9.19)
    (2)茨城県
    (3)169、75
    (4)右左
    (5)茨城・藤代高−中大−東京ガス−東北楽天(11D2位)
    (6)26試合11勝8敗0S、3.26
    (7)146試合41勝49敗0S、3.71
    (8)8000
    (9)昨季は開幕投手に始まり、オールスター戦出場、2桁勝利達成と初物づくしの1年だった。則本、岸との3本柱の一角として、今季も大車輪の働きを誓う。

  • 16 森雄大(もり・ゆうだい)AB

    (1)24(94.8.19)
    (2)福岡県
    (3)184、74
    (4)左左
    (5)東福岡高−東北楽天(13D1位)
    (6)8試合1勝1敗0S、4.68
    (7)19試合3勝6敗0S、5.17
    (8)800
    (9)高卒の大型左腕として入団して6年目。先発左腕としての信頼度を高め、辛島らを脅かす存在になるためには、課題とされてきた制球力の向上が欠かせない。

  • 17 塩見貴洋(しおみ・たかひろ)A

    (1)30(88.9.6)
    (2)大阪府
    (3)182、77
    (4)左左
    (5)愛媛・帝京五高−八戸大−東北楽天(11D1位)
    (6)8試合3勝3敗0S、3.95
    (7)112試合37勝44敗0S、3.72
    (8)3800
    (9)昨季は腰痛で出遅れたが、ポストシーズンで好投しチームを支えた。今季も持病の腰痛の影響で出遅れたが、1軍で活躍する機会をうかがい続けている。

  • 19 藤平尚真(ふじひら・しょうま)O

    (1)20(98.9.21)
    (2)千葉県
    (3)185、85
    (4)右右
    (5)神奈川・横浜高−東北楽天(17D1位)
    (6)8試合3勝4敗0S、2.28
    (7)8試合3勝4敗0S、2.28
    (8)1800
    (9)昨季は高卒新人ながら2度の大型連敗を止める救世主になった。「年間を通して先発で回り、10勝以上する」と誓う有望株は目標の実現に向け、先発の一角を狙う。

  • 20 安楽智大(あんらく・ともひろ)A

    (1)22(96.11.4)
    (2)愛媛県
    (3)186、87
    (4)右左
    (5)愛媛・済美高−東北楽天(15D1位)
    (6)10試合1勝5敗0S、4.06
    (7)26試合5勝10敗0S、3.50
    (8)2000
    (9)梨田監督が投手陣で一番に成長を願う若手右腕。昨季は先発の座をほぼ勝ち取った開幕直前に負傷離脱。今季も状態が整わず出遅れたが、希望の星であることに変わりはない。

  • 21 釜田佳直(かまた・よしなお)A

    (1)25(93.10.26)
    (2)石川県
    (3)177、77
    (4)右右
    (5)石川・金沢高−東北楽天(12D2位)
    (6)12試合4勝3敗0S、4.95
    (7)64試合20勝15敗0S、4.51
    (8)2300
    (9)高卒新人の12年に7勝で将来を嘱望された右腕。けがを乗り越え16年に先発で7勝したが、昨季は4勝にとどまった。一念発起して救援に本格転向した今季は勝負の年だ。

  • 22 戸村健次(とむら・けんじ)B

    (1)31(87.10.20)
    (2)埼玉県
    (3)185、76
    (4)右右
    (5)埼玉・立教新座高−立大−東北楽天(10D1位)
    (6)13試合2勝1敗0S、6.23
    (7)99試合17勝25敗0S、4.23
    (8)2000
    (9)昨季は突然の腰痛を訴えた岸の代役で緊急先発した試合に勝利した。中堅からベテランに差し掛かる9年目の今季は、先発としての立ち位置を築く思いでいる。

  • 28 小野郁(おの・ふみや)AB

    (1)22(96.10.23)
    (2)福岡県
    (3)175、67
    (4)右右
    (5)福岡・西日本短大付高−東北楽天(15D2位)
    (6)2試合0勝0敗0S、9.00
    (7)17試合0勝0敗0S、10.18
    (8)500
    (9)3年間守った背番号15を美馬に明け渡した。昨季は自己最少の2試合登板に終わっただけに、新たに28を背負って迎える今季、1軍定着のチャンスをつかみたい。

  • 30 池田隆英(いけだ・たかひで)B

    (1)24(94.10.1)
    (2)佐賀県
    (3)181、85
    (4)右右
    (5)東京・創価高−創価大−東北楽天(17D2位)
    (6)−
    (7)−
    (8)1200
    (9)即戦力右腕として入団した昨季は2軍で4勝を挙げたものの、1軍登板がなかった。大学時代から実戦向きと評価されてきただけに、オープン戦で着実に存在感を高めた今季こそ、1軍で勇ましい姿を見せたい。

  • 38 西宮悠介(にしみや・ゆうすけ)A

    (1)27(91.5.1)
    (2)茨城県
    (3)180、80
    (4)左左
    (5)栃木・佐野日大高−横浜商大−東北楽天(14D5位)
    (6)8試合1勝0敗0S、2.89
    (7)96試合8勝1敗0S、4.14
    (8)1600
    (9)荒れ気味の制球が逆に持ち味になっている剛球左腕。昨季は高梨に救援左腕の座を奪われたが、先輩として今季は面目躍如の一年にしたい。

  • 41 青山浩二(あおやま・こうじ)B

    (1)35(83.8.12)
    (2)北海道
    (3)180、80
    (4)右右
    (5)北海道・函館工高−八戸大−東北楽天(06大社D3巡目)
    (6)17試合1勝1敗0S、2.30
    (7)500試合34勝53敗45S、3.86
    (8)2000
    (9)チーム最古参投手も昨季の不振が響き、年俸が3分の1となって土俵際のシーズンを迎える。今季こそ、豊富な経験をマウンドで発揮したい。

  • 42 ハーマン(フランク・ハーマン)

    (1)34(84.5.30)
    (2)米国
    (3)193、100
    (4)右左
    (5)ハーバード大−インディアンス−エンゼルス−パイレーツ−フィリーズ−東北楽天(17〜)
    (6)56試合3勝1敗1S、2.72
    (7)56試合3勝1敗1S、2.72
    (8)10000
    (9)昨季はリーグ2位の36ホールドポイントを挙げた救援右腕。今季も勝ちパターンの一人として、気迫の投球を見せる。

  • 43 宋家豪(ソン・チャーホウ)B

    (1)26(92.9.6)
    (2)台湾
    (3)185、92
    (4)右左
    (5)台湾国立体育大−東北楽天(16〜)
    (6)5試合0勝0敗0S、3.86
    (7)5試合0勝0敗0S、3.86
    (8)440
    (9)昨季はレギュラーシーズンの最終盤から1軍昇格し、球威ある直球を武器に西武、ソフトバンクとのポストシーズンで2勝した。さらなる飛躍を期し、ハーマンらとしのぎを削る。

  • 45 菅原秀(すがはら・しゅう)O

    (1)24(94.4.5)
    (2)大阪府
    (3)183、78
    (4)右左
    (5)福井工大福井高−大体大−東北楽天(17D4位)
    (6)29試合1勝0敗0S、5.02
    (7)29試合1勝0敗0S、5.02
    (8)1200
    (9)新人の昨季は5月に早々とプロ初勝利を挙げたが、1、2軍の行き来を繰り返した。今季は勝負球の変化球の精度がアップ。年間を通しての活躍が期待される。

  • 46 浜矢広大(はまや・こうだい)A

    (1)25(93.2.27)
    (2)奈良県
    (3)185、78
    (4)左左
    (5)和歌山・日高高中津分校−ホンダ鈴鹿−東北楽天(14D3位)
    (6)9試合0勝0敗0S、5.19
    (7)31試合3勝0敗0S、7.02
    (8)950
    (9)期待の本格派大型左腕もブレークしないまま、ここ3季は投球回数が減っており、今年が踏ん張りどころだ。闘争心を胸にマウンドに登る。

  • 47 ○渡辺佑樹(わたなべ・ゆうき)A

    (1)23(95.11.8)
    (2)山梨県
    (3)183、85
    (4)左左
    (5)山梨・富士学苑高−横浜商大−東北楽天(18D4位)
    (6)−
    (7)−
    (8)1000
    (9)腕の出どころが分かりづらい独特の投げ方が特長の左腕。最速144キロの直球は球速以上の切れがあり、変化球による緩急も持ち味だ。ひょうひょうとした風貌の通り、マウンドでも動じない姿を見せる。

  • 52 森原康平(もりはら・こうへい)AB

    (1)27(91.12.26)
    (2)広島県
    (3)185、88
    (4)右左
    (5)広島・山陽高−近大工学部−新日鉄住金広畑−東北楽天(17D5位)
    (6)42試合2勝4敗0S、4.81
    (7)42試合2勝4敗0S、4.81
    (8)1600
    (9)新人の昨季は開幕から松井、ハーマンと必勝リレーを担ったが、後半戦で息切れ。本来の力を見せれば今季も救援の柱として期待できる。

  • 53 高梨雄平(たかなし・ゆうへい)O

    (1)26(92.7.13)
    (2)埼玉県
    (3)175、81
    (4)左左
    (5)埼玉・川越東高−早大−JX−ENEOS−東北楽天(17D9位)
    (6)46試合1勝0敗0S、1.03
    (7)46試合1勝0敗0S、1.03
    (8)3000
    (9)昨季のパ・リーグ新人王候補に挙げられ、日本代表にも名を連ねた変則投法の救援左腕。今季も左の中継ぎエースとして不可欠な戦力だ。

  • 56 ○寺岡寛治(てらおか・かんじ)B

    (1)26(92.12.3)
    (2)福岡県
    (3)180、89
    (4)右右
    (5)福岡・東海大五高−九州共立大−九州三菱自動車−BCリーグ石川−東北楽天(18D7位)
    (6)−
    (7)−
    (8)600
    (9)即戦力として期待される本格派右腕。最速155キロの速球に、本人も「毛の生えた心臓」と強調する勝負度胸が持ち味。それを試合で有言実行する日が待ち遠しい。

  • 58 辛島航(からしま・わたる)A

    (1)28(90.10.18)
    (2)福岡県
    (3)173、72
    (4)左左
    (5)福岡・飯塚高−東北楽天(09D6位)
    (6)19試合8勝8敗0S、4.19
    (7)112試合35勝45敗0S、3.89
    (8)4200
    (9)先発陣を支える技巧派左腕。昨季は地方球場や敵地にめっぽう相性が良かった。今季は本拠地の楽天生命パーク宮城でも勝利を重ねる姿を東北のファンは望んでいる。

  • 59 菊池保則(きくち・やすのり)O

    (1)29(89.9.18)
    (2)茨城県
    (3)180、80
    (4)右左
    (5)茨城・常磐大高−東北楽天(08高D4巡目)
    (6)7試合0勝0敗0S、4.91
    (7)66試合12勝15敗0S、4.38
    (8)1200
    (9)昨季は6年ぶりに未勝利に終わる不完全燃焼のシーズンだった。11年目は力のある速球でぐいぐい押す投球で、先発、中継ぎと役割を問わず生き残りを懸ける。

  • 60 古川侑利(ふるかわ・ゆうり)AB

    (1)23(95.9.8)
    (2)佐賀県
    (3)178、78
    (4)右右
    (5)佐賀・有田工高−東北楽天(14D4位)
    (6)5試合0勝2敗0S、4.15
    (7)13試合0勝2敗0S、4.89
    (8)750
    (9)昨季は5度の先発機会を得た。九回途中まで力投しながらサヨナラ負けした試合もあった。今季は待望のプロ初勝利を挙げ、2軍で培った実力を見せつけたい。

  • 61 鶴田圭祐(つるた・けいすけ)A

    (1)24(94.5.12)
    (2)滋賀県
    (3)180、88
    (4)左左
    (5)香川・藤井学園寒川高−帝京大−東北楽天(17D6位)
    (6)−
    (7)−
    (8)600
    (9)準硬式野球部出身という異色のルーキーとして臨んだ昨季は1軍登板なしに終わった。一方、2軍で14試合に投げ、経験を積んだ。左腕の出場争いは激しいが、貴重な速球派として独自色を出したい。

  • 62 西口直人(にしぐち・なおと)B

    (1)22(96.11.14)
    (2)大阪府
    (3)183、83
    (4)右右
    (5)大阪・山本高−甲賀健康医療専門学校−東北楽天(17D10位)
    (6)−
    (7)−
    (8)600
    (9)ゆったりとしたフォームからの伸びのある直球が特長。潜在能力の高い右腕として、定評がある。昨季は1軍登板がなく、2軍でも登板は5試合。今季は存在感を示そうと一層のアピールを続ける。

  • 63 小山雄輝(こやま・ゆうき)O

    (1)30(88.12.5)
    (2)愛知県
    (3)187、82
    (4)右右
    (5)愛知・大府高−天理大−巨人(11D4位)−東北楽天(17〜)
    (6)5試合0勝0敗0S、11.12
    (7)60試合8勝8敗1S、3.08
    (8)1900
    (9)移籍1年目の昨季、救援陣の柱の一人と見込まれたが、出場争いを勝ち抜けなかった。今季も得意のフォークボールを武器に活路を探る。

  • 64 福山博之(ふくやま・ひろゆき)B

    (1)29(89.3.27)
    (2)島根県
    (3)172、70
    (4)右右
    (5)島根・大東高−大商大−横浜・DeNA(11D6位)−東北楽天(13〜)
    (6)65試合6勝0敗7S、1.06
    (7)307試合16勝11敗9S、2.75
    (8)12000
    (9)4年連続65試合登板で球史に残る鉄腕ぶりを見せる中継ぎエース。目標は自己最多を更新する70試合以上登板と、高次元だ。

  • 69 野元浩輝(のもと・ひろき)O

    (1)20(98.5.16)
    (2)長崎県
    (3)181、73
    (4)右右
    (5)長崎・佐世保工高−東北楽天(17D7位)
    (6)−
    (7)−
    (8)500
    (9)すらりとした長身から、伸びやかな速球を投げる将来性豊かな若武者。昨季はプロとしての体づくりに始まり、2軍イースタン・リーグでは登板がなかった。将来のエースを目指すためにも、まずは2軍で実戦経験を積みたい。

  • 93 コラレス(ジョシュ・コラレス)

    (1)28(90.5.25)
    (2)米国
    (3)188、102
    (4)右右
    (5)カリフォルニア州立大ドミンゲズヒルズ−マリナーズ(2Aなど)−三菱日立パワーシステムズ横浜野球部−BCリーグ富山−東北楽天(17〜)
    (6)1試合0勝0敗0S、15.00
    (7)1試合0勝0敗0S、15.00
    (8)600
    (9)2年目の今季こそ粘り強い投球で勝利に貢献し、真価を発揮したい。

  • 98 今野龍太(こんの・りゅうた)AB

    (1)23(95.5.11)
    (2)大崎市
    (3)178、70
    (4)右右
    (5)宮城・岩出山高−東北楽天(14D9位)
    (6)1試合0勝0敗0S、27.00
    (7)8試合0勝0敗0S、11.17
    (8)540
    (9)「岩出山の星」と言われる大崎市出身の若手右腕。昨季は右膝のけがを克服し、支配下登録復帰した。テンポが早い独特の投げ方で、1軍定着も現実味を帯びてきた。

  • 028 石橋良太(いしばし・りょうた)(育成選手)A

    (1)27(91.6.6)
    (2)大阪府
    (3)175、77
    (4)右左
    (5)高知・明徳義塾高−拓大−ホンダ−東北楽天(16D5位)
    (6)−
    (7)6試合0勝0敗0S、13.50
    (8)700
    (9)今季から育成選手契約となった。社会人屈指の好投手という即戦力評価で入団した16年こそ6試合に投げたが、昨季は1軍登板なし。今年が踏ん張りどころだ。

  • 054 横山貴明(よこやま・たかあき)(育成選手)A

    (1)27(91.4.10)
    (2)福島県浪江町
    (3)180、79
    (4)右右
    (5)福島・聖光学院高−早大−東北楽天(14D6位)
    (6)−
    (7)30試合1勝4敗0S、7.05
    (8)590
    (9)育成契約となった昨季も、右肘のけがなどに悩まされた。「被災地の星」として福島の人たちの期待を受けているだけに、再び1軍のマウンドに戻りたい。

  • 091 久保 裕也(くぼ・ゆうや)(育成選手)B

    (1)38(80.5.23)
    (2)福岡県
    (3)177、78
    (4)右右
    (5)福岡・沖学園高−東海大−巨人(03D自由枠)−DeNA−東北楽天(17〜)
    (6)27試合3勝1敗0S、3.60
    (7)454試合50勝36敗36S、3.51
    (8)1500
    (9)昨季はリード時の継投も担ったが、右手の不調で後半戦に離脱した。体調さえ万全なら、今季もチームを支えてくれそうだ。

  • 121 宮川将(みやがわ・しょう)(育成選手)A

    (1)28(90.10.19)
    (2)大阪府
    (3)184、87
    (4)右右
    (5)大阪・大体大浪商高−大体大−東北楽天(13育成D1位)
    (6)−
    (7)43試合5勝1敗0S、3.13
    (8)700
    (9)17年は1軍登板なしに終わり、オフに3度目となる育成選手に戻ってしまった。13年の日本シリーズ登板も経験した右腕が再び1軍で力投する姿を見せられるか。

  • 124 入野貴大(いりの・たかひろ)(育成選手)A

    (1)30(88.11.26)
    (2)高知県
    (3)180、78
    (4)右左
    (5)高知・岡豊高−プロ育成野球専門学院−四国アイランドリーグplus愛媛−同徳島−東北楽天(15D5位)
    (6)7試合0勝0敗0S、9.53
    (7)30試合1勝1敗0S、5.79
    (8)550
    (9)3年目の昨季は7試合登板で1軍定着にはほど遠かった。育成選手となり再出発の決意でいる。

  • 128 千葉耕太(ちば・こうた)(育成選手)A

    (1)20(98.4.22)
    (2)盛岡市
    (3)191、87
    (4)右右
    (5)岩手・花巻東高−東北楽天(17育成D1位)
    (6)−
    (7)−
    (8)250
    (9)長身から投げ下ろす角度のある投球が魅力の若き右腕。1年目の昨季は主に基礎体力強化に取り組みつつ、7月末には地元岩手でイースタン・リーグの公式戦デビューも果たし、着実な歩みを見せた。

  • 131 木村敏靖(きむら・としやす)(育成選手)O

    (1)23(95.9.14)
    (2)奈良県
    (3)176、78
    (4)右左
    (5)奈良・御所実高−履正社医療スポーツ専門学校−東北楽天(17育成D4位)
    (6)−
    (7)−
    (8)250
    (9)身体能力の高さが特長で、150キロ以上の剛速球を投げる右腕。昨季はイースタン・リーグ4試合の登板にとどまったが、今季は公式戦で実力を披露する機会を増やしたい。

  • 132 ○井手亮太郎(いで・りょうたろう)(育成選手)A

    (1)22(96.3.20)
    (2)福岡県
    (3)185、83
    (4)右左
    (5)福岡・九産大九州高−九産大−東北楽天(18育成D1位)
    (6)−
    (7)−
    (8)250
    (9)下手に見えるほどのリリースポイントから150キロ超の速球を投げる右腕の姿は大器の片りんを感じさせる。大きなけがをした経験もなく、今後は抑え役など救援として飛躍が望める好素材だ。


  • 河北新報データベース
  • RSS
  • メールサービス
先頭に戻る