選手紹介

◇プロフィルの見方 ○は新入団、△は移籍、□は復帰。名前の前は背番号。(1)ことし迎える満年齢(生年月日)(2)出身地(3)身長(センチ)体重(キロ)(4)投打(5)球歴(Dはドラフト、高は高校生、大社は大学・社会人)(6)昨季1軍成績(7)通算成績((6)(7)とも出場試合、投手は勝敗、セーブ、防御率。野手は打率、本塁打、打点、盗塁)(8)年俸(単位万円、推定)(9)寸評

  • 1 松井裕樹(まつい・ゆうき)

    (1)24(95.10.30)
    (2)神奈川県
    (3)174、74
    (4)左左
    (5)神奈川・桐光学園高−東北楽天(14D1位)
    (6)53試合5勝8敗5S、3.65
    (7)253試合16勝25敗101S、2.75
    (8)11000
    (9)15年から3年連続で記録した30セーブ以上が途絶えた。昨季は先発復帰もあったが、今季はリリーフに専念。

  • 11 岸孝之(きし・たかゆき)

    (1)35(84.12.4)
    (2)仙台市
    (3)180、77
    (4)右右
    (5)宮城・名取北高−東北学院大−西武(07D希望枠)−東北楽天(17〜)
    (6)23試合11勝4敗0S、2.72
    (7)275試合122勝79敗1S、3.00
    (8)30000
    (9)昨季は自身初の最優秀防御率のタイトルに輝いた。今季もエースとして投手陣を支える。

  • 12 近藤弘樹(こんどう・ひろき)

    (1)24(95.6.27)
    (2)広島県
    (3)186、96
    (4)右右
    (5)広島・安佐北高−岡山商大−東北楽天(18D1位)
    (6)9試合0勝2敗0S、6.83
    (7)9試合0勝2敗0S、6.83
    (8)1400
    (9)強靱(きょうじん)な下半身を生かした力投が持ち味。新人の昨季は交流戦でデビューし先発、救援に奮闘した。今季狙うはプロ初勝利。

  • 14 則本昂大(のりもと・たかひろ)

    (1)29(90.12.17)
    (2)滋賀県
    (3)178、82
    (4)右左
    (5)滋賀・八幡商高−三重中京大−東北楽天(13D2位)
    (6)27試合10勝11敗0S、3.69
    (7)165試合75勝58敗0S、3.06
    (8)25000
    (9)今季は右肘のクリーニング手術の影響で開幕に間に合わず。出番は少し先になるが、チームには欠かせないエース。

  • 15 美馬学(みま・まなぶ)

    (1)33(86.9.19)
    (2)茨城県
    (3)169、75
    (4)右左
    (5)茨城・藤代高−中大−東京ガス−東北楽天(11D2位)
    (6)14試合2勝6敗0S、4.56
    (7)160試合43勝55敗0S、3.79
    (8)6500
    (9)開幕投手、球宴出場、2桁勝利達成と初物づくしの17年から一変し、昨季は2勝に終わった。右肘手術を乗り越え、復活を期す。

  • 16 森雄大(もり・ゆうだい)

    (1)25(94.8.19)
    (2)福岡県
    (3)184、74
    (4)左左
    (5)東福岡高−東北楽天(13D1位)
    (6)9試合0勝0敗0S、2.37
    (7)28試合3勝6敗0S、4.58
    (8)880
    (9)将来のエースと期待されて入団した左腕も今季が7年目。今季こそブレークのきっかけをつかみたい。

  • 17 塩見貴洋(しおみ・たかひろ)

    (1)31(88.9.6)
    (2)大阪府
    (3)182、77
    (4)左左
    (5)愛媛・帝京五高−八戸大−東北楽天(11D1位)
    (6)11試合2勝3敗0S、3.56
    (7)123試合39勝47敗0S、3.70
    (8)3400
    (9)昨季は持病の腰痛に苦しんだ。17年クライマックスシリーズファイナルステージでの好投を、今季1試合でも多く再現したい。

  • 19 藤平尚真(ふじひら・しょうま)

    (1)21(98.9.21)
    (2)千葉県
    (3)185、85
    (4)右右
    (5)神奈川・横浜高−東北楽天(17D1位)
    (6)14試合4勝7敗0S、4.43
    (7)22試合7勝11敗0S、3.68
    (8)1800
    (9)昨季は開幕ローテーション入りした期待の3年目右腕。1月に行った田中(ヤンキース)らとの自主トレーニングの成果を試合で見せつける。

  • 20 安楽智大(あんらく・ともひろ)

    (1)23(96.11.4)
    (2)愛媛県
    (3)186、87
    (4)右左
    (5)愛媛・済美高−東北楽天(15D1位)
    (6)2試合0勝2敗0S、10.13
    (7)28試合5勝12敗0S、3.86
    (8)1600
    (9)森、藤平らとともに台頭が望まれる本格派右腕。昨季はキャンプ中の負傷で苦汁を味わっただけに、今季こそ本来の力強い投球を見せつける。

  • 21 釜田佳直(かまた・よしなお)

    (1)26(93.10.26)
    (2)石川県
    (3)177、77
    (4)右右
    (5)石川・金沢高−東北楽天(12D2位)
    (6)12試合0勝0敗0S、8.53
    (7)76試合20勝15敗0S、4.66
    (8)2000
    (9)昨季は救援に本格転向したが、右腕のけがで途中離脱を余儀なくされた。リハビリを経て、自慢の快速球で今季こそチームの戦力になるつもりだ。

  • 22 戸村健次(とむら・けんじ)

    (1)32(87.10.20)
    (2)埼玉県
    (3)185、76
    (4)右右
    (5)埼玉・立教新座高−立大−東北楽天(10D1位)
    (6)2試合0勝0敗0S、18.00
    (7)101試合17勝25敗0S、4.27
    (8)1600
    (9)17年には2度の緊急先発をこなすなど、困った時にチームの台所事情を救ってきた。11年目は、先発の一角として再び存在感を示したい。

  • 23 ○弓削隼人(ゆげ・はやと)

    (1)25(94.4.6)
    (2)栃木県
    (3)193、105
    (4)左左
    (5)栃木・佐野日大高−日大−SUBARU−東北楽天(19D4位)(6)−
    (7)−
    (8)1000
    (9)米大リーグで通算303勝した名投手ランディ・ジョンソンをほうふつとさせる大型左腕。最速149キロの直球に加え、カットボールなど変化球も巧みに操る。

  • 28 小野郁(おの・ふみや)

    (1)23(96.10.23)
    (2)福岡県
    (3)175、67
    (4)右右
    (5)福岡・西日本短大付高−東北楽天(15D2位)
    (6)9試合0勝1敗0S、3.48
    (7)26試合0勝1敗0S、7.92
    (8)550
    (9)昨季はイースタン・リーグ最多の20セーブを記録した若き救援投手。今季は1軍に定着し、飛躍する足がかりを築きたいところだ。

  • 30 池田 隆英(いけだ・たかひで)

    (1)25(94.10.1)
    (2)佐賀県
    (3)181、85
    (4)右右
    (5)東京・創価高−創価大(17D2位)
    (6)15試合1勝5敗0S、5.91
    (7)15試合1勝5敗0S、5.91
    (8)1300
    (9)昨季は開幕ローテーション入りし、プロ初勝利も挙げたが、その座を守り切れなかった。持ち味の気迫の投球を続け、先発の枠入りを狙う。

  • 31 △福井優也(ふくい・ゆうや)

    (1)31(88.2.8)
    (2)岡山県
    (3)178、85
    (4)右右
    (5)愛媛・済美高−早大−広島(11D1位)−東北楽天(19)
    (6)3試合0勝3敗0S、8.40
    (7)109試合29勝36敗0S、4.51
    (8)2500
    (9)新人の11年には8勝、15年にも9勝と先発経験は豊富。この2年は計1勝に終わったが、新天地で再び活躍の場をつかむ決意だ。

  • 32 ○ブセニッツ(アラン・ブセニッツ)

    (1)29(90.8.22)
    (2)米国
    (3)185、81
    (4)右右
    (5)ケネソー州立大−エンゼルス−ツインズ−東北楽天(19)
    (6)−
    (7)−
    (8)7000
    (9)150キロを超える速球で押す投球が魅力の右腕。カーブやチェンジアップによる緩急にも磨きを掛けている。ハーマン、松井らとともに救援陣の柱として活躍を誓う。

  • 38 西宮悠介(にしみや・ゆうすけ)

    (1)28(91.5.1)
    (2)茨城県
    (3)180、80
    (4)左左
    (5)栃木・佐野日大高−横浜商大−東北楽天(14D5位)
    (6)7試合0勝0敗0S、3.86
    (7)103試合8勝1敗0S、4.11
    (8)1300
    (9)新人の14年に46試登板した救援左腕も近年は出場機会が減少傾向。今季は復権を懸けた1年になる。

  • 39 ○引地秀一郎(ひきじ・しゅういちろう)

    (1)19(00.6.3)
    (2)岡山県
    (3)188、84
    (4)右右
    (5)岡山・倉敷商高(19D3位)
    (6)−
    (7)−
    (8)600
    (9)母校の先輩は昨年亡くなった星野仙一元監督で、「星野2世」の異名を取った。最速151キロを誇る実力に加え、「日本一の投手になる」と言い切る物おじしない性格も大成を予感させる。

  • 41 青山浩二(あおやま・こうじ)

    (1)36(83.8.12)
    (2)北海道(3)180、80
    (4)右右
    (5)北海道・函館工高−八戸大−東北楽天(06大社D3巡目)
    (6)52試合4勝1敗0S、1.85
    (7)552試合38勝54敗45S、3.73
    (8)5000
    (9)昨季は勝ちパターンの救援投手として完全復活した。14年目、最古参のベテランだがまだ老け込むつもりはない。

  • 42 ハーマン(フランク・ハーマン)

    (1)35(84.5.30)
    (2)米国
    (3)193、100
    (4)右左
    (5)ハーバード大−インディアンス−エンゼルス−パイレーツ−フィリーズ−東北楽天(17〜)
    (6)47試合2勝3敗18S、1.99
    (7)103試合5勝4敗19S、2.38
    (8)13000
    (9)昨季は松井の代役で抑えを務めた。今年もブルペン陣の大黒柱的存在だ。

  • 43 宋家豪(ソン・チャーホウ)

    (1)27(92.9.6)
    (2)台湾
    (3)185、92
    (4)右左
    (5)台湾国立体育大−東北楽天(16〜)
    (6)40試合5勝3敗0S、1.73
    (7)45試合5勝3敗0S、1.94
    (8)1500(9)昨季は自己最多の40試合に登板する活躍を見せた。台湾のファンの声援に応えるためにも、外国人枠争いを制して出場を重ね、昨季以上の成績を残したい。

  • 45 菅原秀(すがはら・しゅう)

    (1)25(94.4.5)
    (2)大阪府
    (3)183、78
    (4)右左
    (5)福井工大福井高−大体大−東北楽天(17D4位)
    (6)16試合0勝0敗0S、7.33
    (7)45試合1勝0敗0S、6.06
    (8)1100
    (9)昨季は1軍定着できず、17年の29試合登板を下回った。150キロ超の快速球があるだけに、思い切りのいい投球で飛躍のきっかけをつかみたい。

  • 47 渡辺 佑樹(わたなべ・ゆうき)

    (1)24(95.11.8)
    (2)山梨県
    (3)183、85
    (4)左左
    (5)山梨・富士学苑高−横浜商大−東北楽天(18D4位)
    (6)−
    (7)−
    (8)950
    (9)センスあふれる成長途上の左腕。しなやかなフォームからの切れのある速球に、チェンジアップを織り交ぜ打者を惑わす。大学の先輩西宮らとともに1軍の左腕争いに挑む。

  • 52 森原康平(もりはら・こうへい)

    (1)28(91.12.26)
    (2)広島県
    (3)185、88
    (4)右左
    (5)広島・山陽高−近大工学部−新日鉄住金広畑−東北楽天(17D5位)(6)17試合1勝2敗0S、5.82
    (7)59試合3勝6敗0S、5.11
    (8)1500
    (9)新人の17年は「勝利の方程式」を一時担うなど42試合に投げた。昨季の右肘手術から今季完全復活を期す。

  • 53 高梨 雄平(たかなし・ゆうへい)

    (1)27(92.7.13)
    (2)埼玉県
    (3)175、81
    (4)左左
    (5)埼玉・川越東高−早大−JX・ENEOS−東北楽天(17D9位)
    (6)70試合1勝4敗1S、2.44
    (7)116試合2勝4敗1S、1.77
    (8)5500
    (9)昨季は球団初の70試合に登板する活躍で、日本代表にも選ばれた。今や救援陣に欠かせない変則左腕だ。

  • 56 ○鈴木翔天(すずき・そら)

    (1)23(96.8.19)
    (2)神奈川県
    (3)185、82
    (4)左左
    (5)神奈川・向上高−富士大−東北楽天(19D8位)
    (6)−
    (7)−
    (8)700
    (9)17年の北東北大学秋季リーグで完全試合を達成した実力派左腕。直球とスライダーを駆使する投球が持ち味だ。不安があった左肘の痛みも解消し、万全の状態でプロの世界に挑む。

  • 58 辛島航(からしま・わたる)

    (1)29(90.10.18)
    (2)福岡県
    (3)173、72
    (4)左左
    (5)福岡・飯塚高−東北楽天(09D6位)
    (6)23試合4勝9敗1S、4.05
    (7)135試合39勝54敗1S、3.91
    (8)5000
    (9)かわす投球が信条の技巧派サウスポー。昨季はほぼ1年間通して先発の座を守った。今季も左腕エースとして安定した働きが求められる。

  • 59 熊原健人(くまばら・けんと)

    (1)25(93.10.19)
    (2)宮城県
    (3)178、85
    (4)右左
    (5)柴田高−仙台大−横浜・DeNA(15D2位)−東北楽天(19途中)
    (6)4試合3勝1敗0S、5.40
    (7)22試合4勝2敗0S、5.14
    (8)1000
    (9)プロ入り後の3年間は失敗の方が多かった。しっかり腕を振って、打者に向かっていく投球をしたい。

  • 61 ○佐藤智輝(さとう・ともき)

    (1)19(00.6.5)
    (2)寒河江市
    (3)183、80
    (4)左左
    (5)山形中央高−東北楽天(19D5位)
    (6)−
    (7)−
    (8)600
    (9)石井一久ゼネラルマネジャーが高校生左腕ナンバーワンと認めた逸材。最速144キロの速球が武器だ。読書を重ね、自己研さんにも余念がない。座右の銘は「論語」に登場する「剛毅木訥(ごうきぼくとつ)」。

  • 62 西口 直人(にしぐち・なおと)

    (1)23(96.11.14)
    (2)大阪府
    (3)183、83
    (4)右右
    (5)大阪・山本高−甲賀健康医療専門学校−東北楽天(17D10位)(6)1試合0勝0敗0S、2.35
    (7)1試合0勝0敗0S、2.35
    (8)630
    (9)昨季最終盤でのプロ初先発は七回終了まで無失点と鮮烈だった。その自信を胸に今季は1軍定着へ前進する。

  • 64 福山 博之(ふくやま・ひろゆき)

    (1)30(89.3.27)
    (2)島根県
    (3)172、70
    (4)右右
    (5)島根・大東高−大商大−横浜・DeNA(11D6位)−東北楽天(13〜)
    (6)21試合1勝2敗0S、6.75
    (7)328試合17勝13敗9S、3.01
    (8)8000
    (9)14年から4季連続で65試合以上に投げた鉄腕。昨季は不本意な1年だった分も、今季救援で獅子奮迅の働きを誓う。

  • 91 久保裕也(くぼ・ゆうや)

    (1)39(80.5.23)
    (2)福岡県
    (3)177、78
    (4)右右
    (5)福岡・沖学園高−東海大−巨人(03D自由枠)−DeNA−東北楽天(17〜)
    (6)25試合1勝0敗1S、1.71
    (7)479試合51勝36敗37S、3.44
    (8)1700
    (9)2度の戦力外を経てテスト入団した苦労人。チーム最年長投手としてもう一花咲かせたい。

  • 94 石橋良太(いしばし・りょうた)

    (1)28(91.6.6)
    (2)大阪府
    (3)175、77
    (4)右左
    (5)高知・明徳義塾高−拓大−ホンダ−東北楽天(16D5位)
    (6)−
    (7)6試合0勝0敗0S、13.50
    (8)700
    (9)昨年は登板がなかった。即戦力投手と評価されて入団4年目、今季こそ1軍でプロ初勝利を挙げたい。

  • 98 今野龍太(こんの・りゅうた)

    (1)24(95.5.11)
    (2)大崎市
    (3)178、70
    (4)右右
    (5)宮城・岩出山高−東北楽天(14D9位)
    (6)3試合0勝0敗0S、1.80
    (7)11試合0勝0敗0S、7.98
    (8)550
    (9)「岩出山の星」とも言われた期待の地元出身選手。テンポのいい投球フォームから剛速球を繰り出すスタイルだ。今季こそ1軍定着を果たしたい。

  • 056 寺岡寛治(てらおか・かんじ)(育成選手)

    (1)27(92.12.3)
    (2)福岡県
    (3)180、89
    (4)右右
    (5)福岡・東海大五高−九州共立大−九州三菱自動車−BCリーグ石川−東北楽天(18D7位)
    (6)−
    (7)−
    (8)500
    (9)最速155キロの直球が持ち味。昨季は即戦力として期待されながら1軍登板はなかった。育成選手として迎える今季、支配下登録を狙う。

  • 069 野元浩輝(のもと・ひろき)(育成選手)

    (1)21(98.5.16)
    (2)長崎県
    (3)181、73
    (4)右右
    (5)長崎・佐世保工高−東北楽天(17D7)
    (6)−
    (7)−
    (8)500
    (9)すらりとした長身から、伸びのある球を投げる。昨季はイースタン・リーグで登板がなかった。将来のエースを目指す若武者は、まずは2軍で実戦経験を積む。

  • 123 △由規(佐藤由規、さとう・よしのり)(育成選手)

    (1)30(89.12.5)
    (2)仙台市
    (3)179、80
    (4)右左
    (5)仙台育英高−ヤクルト(08高D1巡目)−東北楽天(19)
    (6)7試合1勝2敗0S、4.46
    (7)90試合32勝36敗0S、3.66
    (8)340
    (9)10年に当時の日本人投手最速の161キロを記録。ヤクルトに在籍の昨年は右肩痛のため2軍での調整が続き、10月に戦力外通告を受けた。地元でまずはリハビリに専念し、完全復活を図る。

  • 128 千葉耕太(ちば・こうた)(育成選手)

    (1)21(98.4.22)
    (2)盛岡市
    (3)191、87
    (4)右右
    (5)岩手・花巻東高−東北楽天(17育成D1位)
    (6)−
    (7)−
    (8)250
    (9)長身から投げ下ろす角度のある投球が魅力の若き右腕。昨季は2軍戦1試合で5失点と不本意な結果に。悔しさを糧に育成契約3年目の今季に臨む。

  • 131 木村敏靖(きむら・としやす)(育成選手)

    (1)24(95.9.14)
    (2)奈良県
    (3)176、78
    (4)右左
    (5)奈良・御所実高−履正社医療スポーツ専門学校−東北楽天(17育成D4位)
    (6)−
    (7)−
    (8)250
    (9)身体能力の高さが特長で、力強い直球を投げる右腕。昨季はイースタン・リーグ12試合に登板し防御率2.00。今季こそ悲願の1軍登板を果たしたい。

  • 132 井手亮太郎(いで・りょうたろう)(育成選手)

    (1)23(96.3.20)
    (2)福岡県
    (3)185、83
    (4)右左
    (5)福岡・九産大九州高−九産大−東北楽天(18育成D1位)
    (6)−
    (7)−
    (8)250
    (9)下手投げに見えるほどのリリースポイントから、150キロ超の速球を投げる右腕。まずはイースタン・リーグで初登板を果たし、1軍での抑え役などの救援として飛躍したい。

  • 135 ○清宮虎多朗(せいみや・こたろう)(育成選手)

    (1)19(00.5.26)
    (2)千葉県
    (3)190、84
    (4)右左
    (5)千葉・八千代松陰高−東北楽天(19育成D1位)
    (6)−
    (7)−
    (8)250
    (9)見事な体格は田中将大(ヤンキース)の入団当時をほうふつとさせる。新人合同自主トレーニングのシャトルラン(20メートル反復ランニング)で球団新記録をつくった体力も自慢で、大器の片りんを感じさせる。

  • 136 ○則本佳樹(のりもと・よしき)(育成選手)

    (1)25(94.5.14)
    (2)滋賀県
    (3)174、79
    (4)右左
    (5)滋賀・北大津高−近大−山岸ロジスターズ−東北楽天(19育成D2位)
    (6)−
    (7)−
    (8)250
    (9)兄はチームのエース昂大。兄そっくりのフォームからツーシームやカーブなど4種類の変化球を操る。手本とする岸に変化球の極意を学び、兄と同じ舞台を目指す。

  • 161 鶴田圭祐(つるた・けいすけ)(育成選手)

    (1)25(94.5.12)
    (2)滋賀県
    (3)180、88
    (4)左左
    (5)香川・藤井学園寒川高−帝京大−東北楽天(17D6位)
    (6)−
    (7)−
    (8)500
    (9)準硬式野球部出身という異色のキャリアを持つ左腕は昨季、2年連続で1軍登板なしに終わった。左腕の出場争いは激しいが、貴重な速球派として独自色を出したい。


先頭に戻る