<センバツ>きょう抽選会 盛岡大付、食事を意識 八戸学院光星、冬場も鍛錬

キャプテントークでチームの様子を語った盛岡大付の及川主将(右)と八戸学院光星の武岡主将

 第91回選抜高校野球大会(23日から12日間・甲子園)の組み合わせ抽選会は15日午前9時から、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで行われる。
 同じ地区の出場校同士は準々決勝まで対戦を避け、同一道府県から2校が出場する北海道、神奈川、京都、和歌山、広島、大分は決勝まで顔を合わせないように振り分けられる。この抽選で決まったトーナメントで決勝まで戦い、再抽選はしない。開会式の選手宣誓は、32校の主将全員による抽選で決定する。

◎32校主将が交流会

 出場32校の主将が交流する「キャプテントーク」が14日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで開かれた。
 約1時間半、独自の練習方法や主将として心掛けていることなどを発表し合った。
 盛岡大付(岩手)の及川温大主将は、寮で人気のご飯のお供を紹介。「秋に体の小ささを痛感したので、例年以上に体を大きくする食事を意識している」と話した。
 八戸学院光星(青森)の武岡龍世主将は、広い室内練習場をチームの自慢として挙げ、「室内でも6カ所に分かれて練習でき、冬場も打ち込んできた」と充実ぶりを語った。


2019年03月15日金曜日


先頭に戻る