<春季東北高校野球>明桜2点打で逆転

 春季東北地区高校野球大会は9日、山形県野球場と山形市総合スポーツセンター(SC)野球場で準々決勝計4試合があり、弘前学院聖愛(青森第2)仙台育英(宮城第1)明桜(秋田第1)鶴岡東(山形第1)が準決勝に進んだ。
 弘前学院聖愛は東北学院(宮城第3)に4−3でサヨナラ勝ち。仙台育英は11−1で東日本国際大昌平(福島第1)を五回コールドで破った。明桜は学法石川(福島第2)に4−3で逆転勝ち。鶴岡東は青森山田(青森第1)に13−1で大勝した。

 ▽準々決勝(山形市総合SC)

学法石川(福島)
   101010000−3
   00000004×−4
明桜(秋田)

 【評】明桜が逆転勝ちした。0−3で迎えた八回、加藤の適時打と敵失によって2点返すと、なおも2死満塁として工藤が左越え2点打を放ち試合をひっくり返した。学法石川はあと一押しが欲しかった。

<3番手工藤「思い通りの打球」>
明桜は3番手で登板した工藤のバットが勝利を呼び込んだ。1点差まで迫った八回2死満塁。輿石監督から「お前が決めてこい」と背中を押されると、外角の直球を左越えに運び2人をかえした。「思い通りの打球で自分でも驚いた」とはにかんだ。
 投げては三回途中からマウンドに上がり、130キロ台後半の直球で押して学法石川打線の勢いを止めた。「思ったよりも早いタイミングの登板だったが、準備はできていた」。投打の活躍で4強入りに貢献した。


2019年06月11日火曜日


先頭に戻る