高校野球東北大会9日開幕 東北一目指し6チーム激突

 東北6県の高校野球独自大会の優勝校で争う硬式の東北地区高校野球大会が9日、開幕する。夏の甲子園大会が中止になる中で、6チームが東北一を目指して激突する。
 初日は宮城県石巻市民球場で1回戦2試合がある。宮城代表の仙台育英は第1試合に登場し、岩手代表の一関学院と戦う。第2試合では山形代表の鶴岡東と青森代表の青森山田が対戦する。決勝は11日。
 軟式も鹿島台中央野球場(宮城県大崎市)で開幕し、1回戦2試合がある。大会は感染防止のため、3年生部員の保護者や関係者らを除き原則無観客で開催する。開会式は行わない。

 ▽1回戦(石巻市民)
仙台育英(宮城)― 一関学院(岩手)10時
鶴岡東 (山形)― 青森山田(青森)14時


2020年08月09日日曜日


先頭に戻る