<秋季東北高校野球>宮城勢3校 初戦を突破

 来春の選抜大会につながる第73回秋季東北地区高校野球大会が14日、石巻市民、仙台市民の両球場で開幕し、1、2回戦6試合があった。1回戦で柴田(宮城第3)、2回戦で仙台育英(宮城第1)と東北(宮城第2)がそれぞれ勝ち、地元宮城勢3校が初戦を突破した。
 柴田は後半に打線がつながり、7−2で学法石川(福島第3)を下した。仙台育英は7−0で湯沢翔北(秋田第3)にコールド勝ち。東北は4−1で由利工(秋田第2)を振り切り、羽黒(山形第2)は10−7で盛岡大付(岩手第1)に打ち勝った。
 15日は両球場で2回戦4試合があり、ベスト8がでそろう。

 ▽1回戦
柴田(宮城第3) 7―2 学法石川(福島第3)
花巻東(岩手第3) 7―2 鶴岡東(山形第3)

 ▽2回戦
東北(宮城第2) 4―1 由利工(秋田第2)
日大山形(山形第1) 5―3 弘前学院聖愛(青森第3)
羽黒(山形第2) 10―7 盛岡大付(岩手第1)
仙台育英(宮城第1) 7―0 湯沢翔北(秋田第3)


2020年10月15日木曜日


先頭に戻る