秋季東北高校野球宮城大会 柴田など8強決定

 秋季東北地区高校野球大会第2日は15日、石巻市民、仙台市民の両球場で2回戦4試合があり、柴田(宮城第3)が甲子園常連の強豪、八戸学院光星(青森第1)を6−2で下し、準々決勝に進んだ。
 柴田は先発谷木が強力打線を2点に抑える好投を見せ、打線も8安打で6点と効率良く攻めた。花巻東(岩手第3)は投手戦を制し角館(秋田第1)に2−1でサヨナラ勝ち。東日本国際大昌平(福島第1)は一関学院(岩手第2)の猛反撃を9−6でかわし、八戸西(青森第2)は福島商(福島第2)に10−3でコールド勝ちした。
 16日は試合がなく、17日に両球場で準々決勝4試合がある。

 ▽2回戦
柴田(宮城第3) 6―2 八戸学院光星(青森第1)
東日本国際大昌平(福島第1) 9―6 一関学院(岩手第2)
八戸西(青森第2) 10―3 福島商(福島第2)
花巻東(岩手第3) 2―1 角館(秋田第1)
(上が1塁側)

 ▽準々決勝(石巻市民)
東北(宮城第2) ― 日大山形(山形第1) 10時
八戸西(青森第2) ― 花巻東(岩手第3) 13時

 ▽同(仙台市民)
柴田(宮城第3) ― 東日本国際大昌平(福島第1) 10時
羽黒(山形第2) ― 仙台育英(宮城第1) 13時


2020年10月16日金曜日


先頭に戻る