<仙台六大学野球>春、頂点つかめ 仙台大/連覇へ投打充実

柏尾主将
(注)部長、監督名の後のかっこ内は最終学歴。選手名の後は順に学年、身長(センチ)、体重(キロ)、投打で、かっこ内は出身高。◎は主将

 仙台六大学野球春季リーグ(仙台六大学野球連盟、東北放送、河北新報社主催)は7日、仙台市の東北福祉大球場で開幕する。全日本大学野球選手権(6月11〜17日、東京・神宮球場、東京ドーム)の出場権を懸けて頂点を争う各チームを紹介する。

 昨季はチーム防御率1.08と投手陣が抜群の安定感を発揮し、2季ぶり6度目の優勝を果たした。プロ野球阪神にドラフト1位で入団した馬場、JR東日本東北入りした岩佐の先発2本柱は抜けた穴は小さくないが、連覇を達成するための投打の役者はそろう。
 投手陣は制球力に優れた右腕稲毛田、伸びのある直球が魅力の左腕大関の3年生コンビが軸になりそう。140キロ台後半の直球が武器の宇田川も着実に力を付けてきている。
 打線は、昨季スタメンで活躍したメンバーが多く残っている。昨季最多本塁打(3本)を記録した辻本、打率リーグ2位(4割2分9厘)と躍動した鈴木明が得点の鍵を握る。思い切りのいいスイングが売りの切り込み役の望月、長打力がある鳥井も調子を上げている。
 森本監督は「さまざまな特徴を持った選手が集まり、昨年とは違ったチームカラーが出せそうだ。一勝一勝を積み重ねていきたい」と話した。

<全勝でリーグ優勝/柏尾主将の話>
 守り勝つのがモットー。たとえ投手陣が崩れても打線が助ける自信がある。昨季に続き、全勝でリーグ優勝を果たしたい。


2018年04月05日木曜日


先頭に戻る