<仙台六大学野球>春、頂点つかめ 東北福祉大/攻めの姿勢貫く

古川主将
(注)部長、監督名の後のかっこ内は最終学歴。選手名の後は順に学年、身長(センチ)、体重(キロ)、投打で、かっこ内は出身高。◎は主将

 昨春は選手層の厚さを生かして2季ぶり68度目の優勝を飾ったが、秋は投手陣の故障や打線の不調が響いて3位に終わった。開幕前は米国でキャンプを張り、つなぐ打撃の徹底や守備の連係を強化してきた。総合力を高めて2季ぶりのリーグ制覇を目指す。
 投手陣は右横手の津森が柱となる。最速147キロの直球とスライダーが武器だ。山野は昨秋不調で未勝利に終わった。昨年4勝を挙げ、最優秀新人賞に輝いた験のいい春に復活を期す。鎌田、八木らオフシーズンに力をつけた投手も多く、ブルペンは厚みを増した。
 打線は楠本泰史(現DeNA)、菊名裕貴(現バイタルネット)ら核になる選手が抜けたが、4年になった吉田、中野が成長を遂げた。上位に座る2人が出塁し、勝負強い元山、深江の主軸でかえす攻撃が理想だ。
 大塚監督は「昨秋は悔しい結果に終わったので春は挑戦者の立場で臨む。守りに入ることなく攻めの姿勢を貫き、頂点に立つ」と意気込む。

<執念のプレー徹底/古川主将の話>
 勝利への執念を前面に出したプレーを徹底して、勝ち点を積み重ねたい。昨年に続き、全日本大学選手権出場を目指す。
   ◇           ◇            ◇
 仙台六大学野球春季リーグ(仙台六大学野球連盟、東北放送、河北新報社主催)は7日、仙台市の東北福祉大球場で開幕する。全日本大学野球選手権(6月11〜17日、東京・神宮球場、東京ドーム)の出場権を懸けて頂点を争う各チームを紹介する。


2018年04月07日土曜日


先頭に戻る