<全国高校ラグビー>仙台育英が初戦敗退 前回ベスト8の京都成章に大敗

京都成章−仙台育英 前半、突破を図る仙台育英・土方(中央)

 第98回全国高校ラグビー大会は27日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で開幕して1回戦8試合が行われ、仙台育英は前回ベスト8の京都成章に0−81と大敗した。山形中央が新田(愛媛)に19−80で、青森北は土佐塾(高知)に12−31で敗れた。
 玉島(岡山)は旭川龍谷(北北海道)を26−5で下した。札幌山の手(南北海道)、鹿児島実、新潟工、岡谷工(長野)も2回戦進出した。
 前回大会準優勝の大阪桐蔭(大阪第1)などのシード校は30日の2回戦から登場。決勝は来年1月7日に行われる。

 ▽1回戦

京都成章 81−0 仙台育英

 【評】仙台育英は京都成章との体格差を埋められず完敗。FW戦で押されて前半だけで6トライを許し、後半も相手のスピードある攻撃に苦しんだ。後半25分に敵陣5メートルまで迫り、意地は見せた。

◎体格差大きく力の差を痛感

 仙台育英はタックルをしてもはじかれ、スクラムを組んでも押される。FWの平均体重が10キロも劣る体格差は予想以上に大きな壁だった。
 前半7分、敵陣22メートルでこぼれ球を奪われると、FW陣の必死のタックルも通用せず、あっという間に突破された。簡単に倒れない相手のフィジカルの強さとパス回しに、トライを量産された。
 体格差をカバーする対策は十分に練ったはずだった。複数のFWのディフェンスに加え、バックスの守備体制も磨いてきた。それでも「個々の強さがあり、1人では止められなかった」(土方主将)。0−81の完敗に選手たちは肩を落とした。
 丹野監督は改めて力の差を痛感し、「体格差は承知の上だったが…」と硬い表情で語った。25人中18人が1、2年生という若いチームだけに、「来年はもっと面白いチームをつくってきます」と再起を誓った。
(今愛理香)


◎青森北は反撃及ばず

 ▽1回戦

土佐塾(高知) 31−12 青森北

 【評】青森北は土佐塾に敗れ、初戦で姿を消した。左右に大きく展開する相手を止められず、前半に4トライを許した。後半は持ち味のFW戦に持ち込み、2トライを奪ったが、力が及ばなかった。

 ◎前半の失点が響く

 「最初の入りが悪かった。もっとできたはずなのに」。青森北の高森主将はうつむきながら声を振り絞った。
 緊張で動きが硬かった前半、素早いパスでつなぐ土佐塾を止められず4トライを奪われた。持ち味のFW戦で力を発揮できたのは後半3分。敵陣5メートル付近からラックでじわじわと迫り野呂がトライ。同14分にはスクラムから高森が抜け出し、右中間にトライを決めた。
 長谷川監督は「前半に取られ過ぎた。もっとFW戦の場面をつくりたかった」とため息交じりに悔やんだ。


◎山形中央後半粘れず

 ▽1回戦

新田(愛媛) 80−19 山形中央

 【評】リザーブを含め全国最少の16人で挑んだ山形中央は、新田に屈した。前半はラックからの展開で3トライを奪って粘ったが、体力を大きく消耗。後半は一方的に攻められ、7トライを許して力尽きた。


 ▽1回戦
玉島(岡山) 26−5 旭川龍谷(北北海道)
岡谷工(長野) 13−7 和歌山工
札幌山の手(南北海道) 27−19 熊本西
鹿児島実 45−14 魚津工(富山)
新潟工 38−7 大津緑洋(山口)


2018年12月28日金曜日


先頭に戻る