<仙台六大学野球チーム紹介>宮教大/Aクラス入り目標

千葉晴也主将
(注)部長、監督名の後のかっこ内は最終学歴。選手名の後は順に学年、身長(センチ)、体重(キロ)、投打で、かっこ内は出身校。◎は主将

 仙台六大学野球春季リーグ(仙台六大学野球連盟、東北放送、河北新報社主催)は13日、仙台市の東北福祉大球場で開幕する。全日本大学野球選手権(6月10〜16日、東京・神宮球場ほか)の出場権を懸けて優勝を争う各チームを紹介する。

 昨春は福祉大から勝ち星を挙げて5位に浮上する殊勲のシーズンとなったが、秋は再び最下位に沈んだ。昨年1、2年生主体だったチームが着実に成長して今年は戦力が整った。最後にAクラス入りしたのは平成が始まった1989年春。令和初のシーズンで躍進を期す。
 投手陣は直球で押すタイプの青木、制球力に優れ安定感のある小林の両右腕が先発の柱。救援陣は上手、横手、下手の3通りの投げ方を駆使する右腕高橋、緩急で揺さぶる左腕草〓が控える。守備は佐々木、小原の二遊間が堅く、中堅の千葉、右翼の村井などレギュラー経験者が残り安定感がある。
 攻撃は俊足巧打の千葉、村井、佐々木で好機をつくり、田中、小原、長田の中軸がかえす形が理想。機動力を磨くため、シーズンオフは紅白戦とケースバッティングなど実戦形式の練習を多く積んだ。
 高橋監督は「上位陣からも勝ち点を挙げ、観客の心に残る試合、宮教大の野球は面白いと思わせる試合をしたい」と話す。

<上位にも臆せず/千葉主将の話>
 今シーズンは主力にけが人もおらず、万全に近い状態で臨める。最後まで諦めない姿勢で上位チームにも臆せず挑み、脅かす存在になる。


2019年04月10日水曜日


先頭に戻る