<秋季高校野球>仙台育英、一関学院が準々決勝進出

 来春の選抜大会につながる第72回秋季東北地区高校野球大会は11日、盛岡市の岩手県営野球場と花巻市の花巻球場で開幕した。1、2回戦計4試合があり、東奥義塾(青森第3)と磐城(福島第3)が2回戦に、仙台育英(宮城第1)と一関学院(岩手第3)が準々決勝にそれぞれ進んだ。
 東奥義塾は6−3で秋田商(秋田第3)を破った。磐城は東海大山形(山形第3)に6−0の完封勝ち。仙台育英は明桜(秋田第2)との延長戦を9−8で制した。一関学院は日大山形(山形第2)を9−5で下した。
 台風19号のため日程が変更され12、13日は試合がない。第2日は14日、両球場で2回戦6試合がある。

 ▽1回戦
東奥義塾(青森3) 6―3 秋田商(秋田3)
磐城(福島3) 6―0 東海大山形(山形3)

 ▽2回戦
仙台育英(宮城1) 9―8 明桜(秋田2)
一関学院(岩手3) 9―5 日大山形(山形2)


2019年10月12日土曜日


先頭に戻る