仙台六大学野球 福祉大完全V 学院大は3位タイ

 最終節第2日は18日、仙台市の東北福祉大球場で東北大−東北学院大、仙台大−福祉大、宮城教育大−東北工大の各2回戦があり、福祉大と宮教大が2連勝、学院大が1勝1敗とした。既に5季連続73度目の優勝を決めている福祉大は10戦全勝で完全優勝を決めた。学院大は東北大と5勝5敗の同率3位で並び、Aクラスを確保した。
 学院大は六、七回の集中打で東北大に7−3で逆転勝ち。福祉大は延長十一回、仙台大に7−6でサヨナラ勝ちした。宮教大は投打がかみ合い工大を4−0で破った。
 試合後、同球場で閉会式があり、福祉大に優勝旗や河北杯などが送られた。最優秀選手(MVP)は福祉大の椋木が選ばれた。
 優勝した福祉大は24、25日、弘前市はるか夢球場で行われる東北地区大学王座決定戦に出場する。
(仙台六大学野球連盟、東北放送、河北新報社主催)


2020年10月19日月曜日


先頭に戻る