<U−21>トゥーロン国際代表に仙台から板倉と椎橋選出

板倉滉
椎橋慧也

 日本サッカー協会は15日、今月下旬からフランスで行われるトゥーロン国際大会に臨むU−21(21歳以下)日本代表を発表し、板倉滉、椎橋慧也(ともに仙台)や神谷優太(愛媛、青森山田高出)、欧州でプレーする伊藤達哉(ハンブルガーSV)、昨年のU−20ワールドカップ(W杯)で左膝に重傷を負った小川航基(磐田)ら20人を選出した。
 フル代表コーチを兼任する森保一監督の代行として横内昭展コーチが指揮する。森保監督は「世界基準の戦いを通してチームの成長につなげていく」と話した。1次リーグは12チームが3組に分かれ、C組の日本は28日にトルコ、31日にポルトガル、6月3日にカナダと対戦する。各組1位と2位で成績最上位の1チームが準決勝に進む。

<自分の持ち味表現/仙台・板倉滉の話>
 自分の持ち味をしっかり表現し、今後に向けてアピールできるようプレーしたい。仙台の皆さんに遠征先からいいニュースを届けられるよう、精いっぱい頑張る。

<成長へ全力で戦う/仙台・椎橋慧也の話>
 今回も選出していただき、うれしく思う。仙台の代表ということを胸に刻み、チームの勝利と自分自身の成長のために全力で戦う。


2018年05月16日水曜日


先頭に戻る