<ベガルタ>シュミット、代表の経験生かす「もっとチーム引っ張る姿勢見せたい」

シュミット・ダニエル

 日本代表の経験を生かせるか。代表の国際親善試合の合宿に参加したGKシュミットがチームに合流。代表の仲間に「アピールしようという強い意識を感じた。自分も、もっと出したい」と刺激を受けた。
 困難も乗り越えた。6日未明の北海道地震に合宿地の札幌で遭い、7日のチリ戦が中止に。停電した宿舎で不安な時を過ごした。「ホテルの方々が手厚く尽くしてくれた」と感謝する。
 11日のコスタリカ戦(大阪)でのデビューこそ逃したが、代表の一員としての日々が精神的にさらに強くした。「もっとチームを引っ張る態度や姿勢を見せたい」。プライドを胸にホームの戦いに向かう。


2018年09月15日土曜日


先頭に戻る