<なでしこL・マイナビ仙台>新監督に辛島氏が就任 G大阪などでプレー

辛島啓珠氏(c)SUZUKA Unlimited FC

 サッカー女子、なでしこリーグのマイナビベガルタ仙台レディース(仙台)は26日、新監督に東海社会人リーグ1部の鈴鹿アンリミテッド(三重)監督の辛島啓珠(けいじゅ)氏(47)が就任すると発表した。
 辛島氏は京都府出身。筑波大卒業後、JリーグのG大阪などでプレー。J2岐阜、J3相模原の監督を経て、2016年から新潟レディースの監督を2季務め、16年の皇后杯全日本選手権で準優勝した。リーグ戦は2季連続5位。今季は鈴鹿を指揮して全国地域サッカーチャンピオンズリーグで2位となり、来季の日本フットボールリーグ(JFL)昇格に貢献した。
 辛島氏はクラブを通じ、「素晴らしいクラブで仕事ができ、大変光栄。攻守両面の質を上げ、サポーターに楽しんでもらえるようなサッカーを目指す」とコメントした。
 仙台は今季、残留争いをするなど低迷、リーグ戦10チーム中8位に終わった。6月に当時監督だった越後和男氏が辞任し、後任監督の千葉泰伸氏も今月、成績不振の責任を取って辞任していた。


2018年12月27日木曜日


先頭に戻る