<ベガルタ>きょう九州リーグ沖縄SVと練習試合 攻撃陣、上々の仕上がり見せる

紅白戦で道渕(右)と競り合うハモンロペス

 J1仙台は沖縄県糸満市での1次キャンプ第7日の20日、西崎運動公園陸上競技場で約1時間、練習した。初の実戦となる21日の九州リーグ沖縄SVとの練習試合に向け、ミニゲームなどで最終調整した。
 3トップと他の選手が違う色のビブスを着用し役割を明確にしたミニゲームでは、流れるようなパス回しでリズム良く攻撃を展開。新体制の序盤にしては、上々の仕上がりぶりを見せた。
 FWハモンロペスはDF2人をかわして力強いシュートを決めた。19日の練習では、右足に違和感を訴え別メニューだったが「もう大丈夫。キャンプでやってきたことを試したい」と不安はない。新加入選手もチームに融合。横浜Mから期限付き移籍したMF吉尾は左右両足のミドルシュートで2ゴール。「周囲と連係を取りながら結果を出したい」と自信を見せる。
 初の実戦では全体の約3分の1に当たる10人が新加入した変革の成果を示す。30分を4回、行う予定。渡辺監督は「練習で重点的に取り組む攻撃面のチャレンジとなる。どれだけミスが出ても構わない」とテーマに挙げる。


2019年01月21日月曜日


先頭に戻る