<ベガルタ>きょうアウェー横浜M戦

 2日、横浜市の日産スタジアムでリーグ戦第2節の横浜M戦に臨む。午後1時開始。昨季のリーグ戦では2戦2敗で計13失点と乱れた守備を立て直し、浦和との開幕戦に続く連続零封と今季初勝利を目指す。
 試合3日前の2月27日から非公開で練習を続け、情報統制に努めた。3月1日は仙台市の紫山サッカー場で冒頭の15分間のみ報道陣に公開。守備の要のDF大岩やMF兵藤、ベンチ入りを目指すMF道渕、横浜M戦を得意とするFWジャーメインらが軽快に体を動かした。FWハモンロペスは左足の違和感を訴えて顔を見せなかった。
 開幕戦で仙台は手堅い守備が機能して浦和に0−0で引き分け、横浜MはG大阪に3−2で競り勝った。横浜Mは前線に人数を掛けたパスワークや2次攻撃が強力。仙台が昨季の2戦で計3失点を喫したFW仲川の突破には特に警戒が必要だ。
 リーグ戦の通算対戦成績は仙台の6勝8分け8敗。


2019年03月02日土曜日


先頭に戻る