<ベガルタ>石原崇、左サイド制圧狙う

MF石原崇兆選手

 石原崇が好調だ。リーグ戦で4試合連続のフル出場中。前節の鳥栖戦では得意のカットインで守備を崩してからのラストパスで3点目となるハモンロペスのゴールを導いた。「点につながって良かった。最初に比べると、チームになじんでいる感じがする」とうなずく。
 昨季はJ2松本でプレーし、J1昇格を果たした大分とも対戦。「カウンターは速く、パスサッカーもうまい。やりづらい印象がある」と語る。基本布陣は仙台と同じ「3−4−3」。左ウイングバックを定位置とする背番号14は「相対する選手にやられないことが大事」と左サイドの制圧を狙う。


2019年04月14日日曜日


先頭に戻る