<ベガルタ>石原直、迷わず 復調守備に激しさ

札幌戦に向けた練習でボールを追う石原直

 石原直が調子を取り戻しつつある。一時はレギュラーを外れたが、ここ2戦は先発に復帰。開幕直後にあった自身のプレーへの迷いを断ち、「チームとしてやりたいこと、やるべきことがはっきりしてきた」とスランプを抜け出した。
 10人の新加入選手を迎えた今季。大きく変わった陣容に「チームとしてどうするのがいいのか、僕自身迷いがある中でやっていた」と振り返る。開幕当初は先発出場したが、3月の第4節以降は控えに回る日々が続いた。
 昨季の全試合に出場したエースに足りなかったのは、前線からボールを奪いに行く激しさだった。序盤のチームの不振から守備に重きを置く戦術に切り替えた結果、「チームで一番うまい選手を外さないといけない状況が生まれた」と渡辺監督。課題が分かり、迷いが消えた。
 試合から遠ざかる中、徹底した体力トレーニングでフィジカル面を改善。前節のFC東京戦は走って相手に圧力をかけ、3連勝に貢献した。新戦力とも「お互いの特長を理解し始めている」と連係を深める。
 ホーム6連勝が懸かる札幌戦。引き続き積極的な守備に加え、第2節以来のゴールも狙う。「いい形でボールを取って、素早くショートカウンターを仕掛けられたらいい」。雑念を振り払ったエースは強い。(斎藤雄一)


2019年06月30日日曜日


先頭に戻る