<ベガルタ>シマオマテ、攻守で活躍

 仙台の守備の要、シマオマテが攻撃でも力を発揮。開始早々の前半9分、永戸の左CKに反応し、ヘディングシュートを決めて先制点をもぎ取った。第3節の神戸戦以来、14試合ぶりのゴール。「素晴らしいボールが来て、練習通りに決めることができた」と笑顔で振り返る。
 序盤でリードを奪い、守備も勢いづいた。3戦連続の零封こそ逃したが、4戦負けなしと好調の札幌を最少失点にとどめた。長身でパワフルな相手の3トップを仲間と連係を取り、激しく体をぶつけて自由にさせなかった。「相手に近づいて守備をすることを全員で心掛けた。満足せずに堅守を続けたい」。背番号23の意気込みが頼もしい。


2019年07月01日月曜日


先頭に戻る