<ベガルタ>大分に0−3 ホーム8戦未勝利、ワースト更新

仙台―大分 後半、ゴール前に攻め込むも大分のGK文慶建に阻止される仙台・長沢。右奥はゲデス(坂本秀明撮影)

 J1仙台はリーグ戦第16節最終日の13日、仙台市のユアスタ仙台で大分と対戦し、0−3で敗れて3連敗を喫した。通算成績は2勝5分け8敗の勝ち点11で、16位のまま。ホームでは開幕から8戦未勝利と、ワースト記録を更新した。
 試合は序盤から苦しい展開。両サイドを支配されて押し込まれ、前半34分に先制を許した。1点を追う後半は前線からのプレスの強度を取り戻したが、DF柳、FW長沢が決定機をものにできず、35、40分にカウンターからの連続失点で引き離された。
 木山監督は「チームとしてやろうとしていること、積んでいるところがずれてきている。ホームでこんなにふがいない試合をしているので、サポーターに申し訳ない」と話した。
 次節は20日、東京都調布市の味の素スタジアムでFC東京と対戦する。


2020年09月14日月曜日


先頭に戻る