マイナビ仙台は2回戦から登場 皇后杯サッカー

 日本サッカー協会は20日、第42回皇后杯全日本女子選手権の組み合わせを発表した。なでしこリーグ1部勢は2回戦からの登場で、マイナビベガルタ仙台レディースは神奈川大(関東・神奈川)と藤枝順心高(東海・静岡)の勝者と対戦し、4連覇を狙う日テレの相手は日テレ・メニーナ(関東・東京)とヴィアティン三重(東海・三重)の勝者。
 聖和学園高(東北・宮城)は1回戦で福岡J・アンクラス(九州・福岡)と顔を合わせる。
 大会は全国9地域の28チームと、なでしこリーグ1、2部の20チームの計48チームが争う。11月28、29日に1回戦が始まり、2回戦は12月5、6日。決勝は同29日にサンガスタジアムbyKYOCERAで行われる。


2020年10月21日水曜日


先頭に戻る