<ベガルタ>名古屋に力負け シュートわずか1本

名古屋−仙台 前半、中盤で競り合う仙台・石原(佐藤将史撮影)

 第24節第3日など(24日・パロ瑞穂ほか=6試合)第24節で、仙台は0−1で名古屋に敗れ、14試合連続で白星なしとなった。G大阪が柏に2−1で競り勝った。9試合負けなしでC大阪と並んで2位に浮上。札幌は横浜FCに3−0で快勝し、ペトロビッチ監督が史上3人目、外国人としては初のJ1通算200勝に到達した。第28節の1試合は横浜MがFC東京に完勝した。

(2)パロ瑞穂(名古屋1勝1分け)
名古屋 1 0−0 0仙台
      1−0
▽得点経過
 後20分 1−0 稲垣(3)
▽観衆 9,367人

 仙台は名古屋に力負けした。最終ラインを高く保ったコンパクトな守備とGKスウォビィクの好守で粘ったが、後半20分、ゴール前でクリアボールを拾われて決勝点を許した。シュートはわずか1本。攻撃の形をつくれなかった。


2020年10月25日日曜日


先頭に戻る