宮城のニュース

最高賞「北限のしらす」 宮城県水産加工品の品評会

さまざまな加工品が並んだ品評会

 宮城県内の水産加工品の品評会(県水産加工業協同組合連合会など主催)が1月31日、女川町のまちなか交流館で開かれ、マルタ水産(名取市)の「北限の釜揚げしらす」が最高賞の農林水産大臣賞を受賞した。
 65社と三つの高校が、ホヤやカキ、サンマなどを使った加工品計209点を出品。小売店の担当者や学識経験者ら15人がアイデアや味、外観などを審査した。
 農水大臣賞以外の入賞は以下の通り。

 水産庁長官賞 「三陸プチ焼きほや」(三陸オーシャン)「宮城県産吉次姿煮」(仙水フーズ)「三陸産牡蠣のしぐれ煮缶詰」(マルヤ水産)▽県知事賞 「金華焼うに」(ヤマサ正栄水産)「ふわふわわさびたらこ(無着色)」(湊水産)「生しらす醤油漬 閖上の朝」(海祥)▽県議会議長賞 「旨味ぎっしり牡蠣パイ」(三養水産)「金華さばのハンバーグ」(ヤマトミ)▽県農林水産部長賞 「カレイみりん干し」(カネシゲ高嶋商店)「いわし開き」(丸平かつおぶし)▽県漁協経営管理委員会長賞 「伊達の牡蠣グラタン」(本田水産)「蒲鉾の水野 ごまれんこん」(水野水産)▽県水産加工業協同組合連合会長賞 「たこのやわらか煮」(鮮冷)「揚げかまぼこ たかまさ」(高政)▽県商工会議所連合会長賞 「笹ひらり」(高浜)▽県水産物流通対策協議会長賞 「宮城県産へそほや無添加」(片倉商店)▽日本チェーンストア協会東北支部長賞 「Komeyu deほや・ほたて」(マルキ遠藤)▽仙台市中央卸売市場卸売人協会長賞 「ぎばさ佃煮」(シーフーズあかま)▽県水産加工研究団体連合会長賞 「ピリッと辛い向洋さんま」(気仙沼向洋高)「ほや塩」(県立支援学校女川高等学園)


関連ページ: 宮城 経済

2018年02月16日金曜日


先頭に戻る