宮城のニュース

<平昌五輪>羽生首位発進!SP圧巻の演技111.68点

男子SPで首位に立ち、連覇へ好発進した羽生=江陵(共同)

 平昌冬季五輪第8日の16日、フィギュアスケート男子ショートプログラム(SP)が行われ、同種目66年ぶりの2連覇を目指す羽生結弦(23)=ANA、宮城・東北高出=が、冒頭の4回転サルコーを成功させるなど圧巻の演技を見せ、111・68点で首位に立った。ハビエル・フェルナンデス(26)=スペイン=が107・58点で2位。宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=は104・17点で3位につけた。
 SPと17日に行われるフリーの合計点で順位が決まる。


2018年02月16日金曜日


先頭に戻る