宮城のニュース

彩り豊かにお花見弁当 桜まつりへお披露目 大河原

お花見らしい色鮮やかな弁当が並んだ発表会

 4月の「おおがわら桜まつり」で販売する「お花見弁当」の発表会が16日、大河原町商工会館であった。町内の飲食店7店が腕によりをかけた弁当を並べ、観光関係者ら約20人が味比べをした。
 町内特産のもち豚やユズを使った料理、2段重ねのはらこ飯、牛タンをメインにしたものなど多彩な弁当がお目見え。いずれも春らしい華やかな彩りで、参加者は目と舌で特製弁当を楽しんだ。
 いずれも1個1000円で、4月5〜19日に町内の白石川河川敷のまつり会場で販売する。昨年は計約2600個が売れた。
 斎清志町長は冒頭のあいさつで「開花の時期が気になる時節になった。お花見弁当は観光客のおもてなしの一つになる」と語った。


関連ページ: 宮城 社会

2018年02月17日土曜日


先頭に戻る