宮城のニュース

劇団員殺害認める わいせつ目的は否認

 東京都中野区のマンションで2015年8月、劇団員の加賀谷理沙さん=当時(25)、仙台市出身=を殺害したとして、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われた無職戸倉高広被告(38)=福島県矢吹町=は16日、東京地裁(任介辰哉裁判長)の裁判員裁判初公判で殺人罪を認めた。強制わいせつ致死罪は否認した。
 検察側は冒頭陳述で、遺体の状況などからわいせつ行為の目的があったと主張。弁護側は「連絡先を交換したくて声を掛けただけだ」と述べ、犯行時は精神障害の影響で行動制御が困難だったとして情状酌量を求めた。
 起訴状では、15年8月25日ごろ、加賀谷さんの部屋に侵入し、コードで首を絞めるなどして殺害したとしている。
 被告は16年3月に警視庁に逮捕された。東京地検は鑑定留置の結果、刑事責任能力に問題はないと判断し、同6月に起訴した。


関連ページ: 宮城 社会

2018年02月17日土曜日


先頭に戻る