宮城のニュース

<平昌五輪>男子SP 羽生 首位111.68点

男子SP 復活の演技でジャンプを決める羽生(川村公俊撮影)

 30人による男子のショートプログラム(SP)が16日に行われ、66年ぶりの2連覇を目指す昨季の世界選手権王者の羽生結弦(ANA、宮城・東北高出)が111.68点で首位発進し、世界選手権2位で初出場の宇野昌磨(トヨタ自動車)が104.17点で3位につけた。羽生はサルコーとトーループ、宇野はフリップとトーループの4回転ジャンプを決めた。
 世界選手権2度優勝のハビエル・フェルナンデス(スペイン)が107.58点で2位、世界選手権で2年連続3位の金博洋(中国)が自己ベストの103.32点で4位。グランプリ(GP)ファイナル王者のネーサン・チェン(米国)は82.27点で17位と出遅れ、初出場の田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)は80.05点で20位だった。17日のフリーは上位24人で争われる。


2018年02月17日土曜日


先頭に戻る