宮城のニュース

こけしびな、手業輝く 蔵王・展示即売会

小ぶりで愛らしい「こけしびな」が並ぶまつり

 遠刈田系伝統こけし工人らが手掛けたひな人形を集めた第21回「こけしびなまつり」が、宮城県蔵王町遠刈田温泉のみやぎ蔵王こけし館で開かれている。
 鳴子系、津軽系、南部系など東北各地の工人による作品も含め約100点を展示即売。小ぶりなこけしに色鮮やかな描彩が施され、来場者の目を楽しませている。約60年前に作られた趣のあるおひなさまとお内裏さまも飾られている。
 3月21日まで。3日には桃の花を先着50人に贈る。入館は大人300円、小中学生150円。連絡先は0224(34)2385。


関連ページ: 宮城 社会

2018年02月18日日曜日


先頭に戻る