宮城のニュース

<平昌五輪>羽生選手「金」号外の人気過熱 ネットで高値取引

「ヤフオク!」に出品された河北新報の号外(画像の一部を加工しています)

 羽生選手の2連覇達成を伝える新聞号外が、インターネットのオークションサイトに出品され、高値で取引されている。
 大手オークションサイト「ヤフオク!」によると19日午後3時現在、羽生選手の号外商品は約140点が出品された。入札数が多いのは一般紙やスポーツ紙などの2紙セットで、1000円〜2000円の価格帯だった。
 2紙セットで100円から始まった商品が1600円に、4紙セットで400円の商品が6000円まで高騰したものもあった。最高価格は5部セットの8000円。1紙当たりの最高価格は同日午後5時半現在、5500円だった。
 平昌冬季五輪以外の号外も取引され、フリマアプリ「メルカリ」では、前回のソチ冬季五輪で羽生選手が金メダルに輝いた際の号外を1紙9999円で出品。人気が過熱している。


関連ページ: 宮城 社会

2018年02月20日火曜日


先頭に戻る