広域のニュース

<平昌五輪>スピードスケート女子団体追い抜き 金

スピードスケート女子団体追い抜き決勝 金メダルを獲得し喜ぶ、右から高木美帆、佐藤彩乃、高木菜那、菊池彩花(川村公俊撮影)

 【平昌共同】平昌冬季五輪第13日の21日、スピードスケート女子団体追い抜き決勝で、日本は高木美帆(23)=日体大助手=、高木菜那(25)=日本電産サンキョー=、佐藤綾乃(21)=高崎健康福祉大=の布陣で2分53秒89の五輪新記録をマークしてオランダを破り、金メダルを獲得した。
 日本のメダルは11個で、1998年長野五輪を上回り冬季大会最多となった。今大会の日本の「金」は3個、通算では13個。
 高木美は1500メートルが2位、1000メートルが3位で金、銀、銅のメダルを得た。長野五輪で金2、銀1を手にしたスキー・ジャンプの船木和喜に次いで、冬季五輪の1大会で三つのメダルを獲得した2人目の日本選手となった。男子団体追い抜きの日本は5位だった。
 フィギュアスケートは女子ショートプログラム(SP)が行われ、宮原知子(19)=関大=は4位、坂本花織(17)=シスメックス=は5位で23日のフリーに進んだ。
 カーリングは男女の1次リーグ最終戦が行われ、LS北見の日本はスイスに敗れたが、米国がスウェーデンに負けたため4位となり、男女を通じて日本勢初の4強入りを決めた。男子のSC軽井沢クは韓国に屈し8位となった。

◎一体の滑り強敵圧倒

 終盤、先頭を務めた高木美帆がエンジン全開で隊列を引く。残り1周、リンク上で指示を出していたヨハン・デビット・コーチ(38)が勝利を確信し、ガッツポーズで選手を鼓舞した。日本はオランダ人の指導と、一体強化で磨いた日本らしさを融合させ、息切れした最強の敵を圧倒した。
 決勝を滑った高木菜那、佐藤綾乃と、佐藤に代わって準決勝を滑った菊池彩花(30)=富士急=。今季世界新を連発した面々が、蓄えてきた力を発揮した。
 狙い通りの後半勝負だった。チーム関係者は「1.5秒までなら逆転可能」とみていた。前半のスピードではかなわないが、きれいな隊列を維持し、後半も失速を最小限に防ぐ自信があった。中盤、オランダにリードされたが差は最大で0秒47。十分、射程圏だった。
 高木美、高木菜、佐藤と丁寧に先頭をつないで再び高木美が前に出ると、いざ勝負。あっという間に逆転し、5周半の通過では1秒以上のリードに変えた。圧巻の滑りで、完勝に導いた。
 2015年5月、オランダからやって来たデビット・コーチは最初のミーティングでこう告げた。「全てにおいて100パーセントでないと駄目だ」。科学的な練習は同時に、過酷で厳格だった。「限界です」と訴える選手を、生理学的データを根拠に「まだいける」と鼓舞。体づくりのため起床、就寝、食事まで全ての時間を管理した。太りやすいクロワッサンやドーナツを合宿で見つけると、激怒。ある主力が「中学生の合宿みたい」とこぼすほどだった。
 環境も整った。メダルなしに終わったソチ冬季五輪後、主流だった大学や実業団ごとの練習を見直し、日本スケート連盟が所属の垣根を越えたナショナルチームを創設。4人を含む有力選手が年間300日以上ともに過ごし、一緒に滑り込んだ。湯田淳監督(45)は「団体追い抜きの練習を毎日してきたようなもの」と語る。
 厳しく、情に厚い指導者のもとで鍛えた肉体と、群を抜く成熟度。取るべくして金メダルを取った。「感無量。このチームで、この大会で勝ちたいという気持ちだけで走った」と高木美。鍛錬の日々の先に待っていた歓喜と感動に浸った。


2018年02月22日木曜日


先頭に戻る