宮城のニュース

地下歩道で面識のない通行人に暴行、大けが負わす 傷害容疑で少年3人を逮捕 仙台中央署

 仙台中央署は23日、通行人に暴行して重傷を負わせたとして、傷害の疑いで、仙台市若林区と名取市の解体工の少年2人と、岩沼市の無職少年=いずれも(16)=を逮捕したと発表した。
 逮捕容疑は共謀して昨年12月9日午前0時ごろ、青葉区の市地下鉄南北線広瀬通駅へ通じる地下歩道で、帰宅途中だった泉区の飲食店従業員の男性(31)に後ろから跳び蹴りした上、胸ぐらをつかんで壁にたたきつけるなど暴行し、頭の骨を折るなど3カ月の大けがをさせた疑い。
 中央署によると、いずれも容疑を認めている。3人は友人関係で、男性との面識はなかった。駅の防犯カメラの映像などから特定した。青葉区内で同様の被害が他にも発生しており、中央署は3人が関与した可能性があるとみて調べている。


関連ページ: 宮城 社会

2018年02月23日金曜日


先頭に戻る