宮城のニュース

<平昌五輪>羽生選手V2 「夢と感動をありがとう!」仙台市役所に看板掲げ祝福

羽生選手の連覇を祝福し、市役所に掲げられた看板

 仙台市は23日、平昌冬季五輪フィギュアスケート男子で66年ぶりの連覇を達成した同市出身の羽生結弦選手(23)=ANA、東北高出=の偉業をたたえる看板を市役所正面に掲げた。
 「夢と感動をありがとう!」と書かれた看板は縦1.5メートル、横13.5メートル。作業員4人が「冬季五輪出場おめでとう!」と書かれた看板を外して付け替えた。
 市スポーツ振興課の及川徹課長は「2連覇は市民にとって、この上ない誇り。(実施検討中の)パレードまで付けたままにしたい」と話した。


2018年02月24日土曜日


先頭に戻る