広域のニュース

<平昌通信>鏡浦湖周辺を歩く

 江陵の氷上競技場から北へ数百メートル行くと、鏡浦湖(キョンポホ)が海岸近くまで広がる。ぐるりとサクラの並木道が整備され、自転車や徒歩の人たちでにぎわう。
 辺りを見渡してふと、どこかで見たような感じも。宮城県の冬の風景を思い出させる。冬休み中の田んぼにビニールハウス、遠くにには山並み。どこにでもあるけど懐かしさを覚える。
 実はここは外国人観光客にも人気のエリア。理由はトイレで、自動ドアに暖房、公衆無線LAN「フリーWi−Fi(ワイファイ)」が備わっている。まだ試していないが、日本の水洗のように紙も流せるらしい。外国人にとってトイレの問題は本当に切実。
 開幕した頃に湖を覆っていた厚い氷が溶け始めた。春の訪れはそう遠くない。(川村公俊)


2018年02月25日日曜日


先頭に戻る