宮城のニュース

奥松島の食おいしく マルシェに旬のカキや野菜並ぶ

地元事業者らが出店し、にぎわったマルシェ

 東日本大震災で被災した東松島市宮戸地区の復興再生多目的施設「セルコホーム あおみな」で25日、地域おこし協力隊や地元の事業者らによる「奥松島マルシェ」が開かれた。
 マルシェは地元住民や移住者たちが共に地域を考えるきっかけをつくろうと昨年7月に始まり、今回で3回目。旬のカキや野菜、パンや焼き菓子を提供する店が並び、家族連れなどでにぎわった。同市で地域おこし協力隊をしている友人に誘われ訪れた東京都豊島区の大学2年岡本克明さん(24)は「初めて東松島に足を運んだが、おいしいものが多い。カキをたくさん食べられて満足」と話した。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2018年02月27日火曜日


先頭に戻る