岩手のニュース

岩手リンゴで「さしすせそ」 県と浅沼醤油店が5種の調味料開発

岩手県産リンゴを使った調味料

 砂糖、塩などの基本調味料に岩手県産リンゴを掛け合わせた調味料「いわてりんごのさしすせそ」が発売された。岩手県産リンゴの消費拡大を目指し、県としょうゆ製造販売の浅沼醤油(しょうゆ)店(盛岡市)が共同開発した。
 砂糖、塩、酢、しょうゆ、みそに、リンゴのピューレや果汁を加え、それぞれシロップ、ドレッシング、リンゴ酢、焼き肉のたれ、リンゴ味噌(みそ)にアレンジした。
 JR盛岡駅ビル「フェザン」で23日、販売開始セレモニーがあった。浅沼醤油店の開発担当清水村(しずむら)智美さん(41)は「従来の調味料とは違う味が楽しめる。さんさ踊りなど県の名物を描いたラベルにも注目してほしい」とアピールした。
 1本496〜604円(税込み)。5種類を詰め合わせたギフトセットは2700円(同)。同社の直営店「食楽日和」、さわや書店のORIORIなど盛岡市内6店舗で販売する。3月から、いわて生協の共同購入でも取り扱う。連絡先は浅沼醤油店019(696)2033


関連ページ: 岩手 経済

2018年02月27日火曜日


先頭に戻る