宮城のニュース

<山元町長選>現職の斎藤氏が出馬正式表明

 任期満了に伴う宮城県山元町長選(4月10日告示、15日投開票)で、現職の斎藤俊夫氏(68)は27日、3選を目指して立候補することを正式に表明した。同日開会した町議会3月定例会の冒頭、明らかにした。同町長選で立候補を表明したのは斎藤氏が初めて。
 斎藤氏は、新市街地整備やJR常磐線の内陸移設などに触れ「一歩一歩、着実に復興の歩みを進めてきた」と振り返った。その上で「創造的な復興を最後まで完遂させるべく、引き続き、町政を担うリーダーとしてまい進することを決意した」と述べた。
 斎藤氏は山元町出身、東北学院大卒。1972年に県庁に入り、危機管理監、仙台地方振興事務所長などを務めた。退職後の2010年の町長選に立候補し初当選した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2018年02月28日水曜日


先頭に戻る